2017年3月5日一文物語

おかえりなさい、と帰宅のたびに声をかけてもらってほっとする気持ちすら芽生え、家に帰れることが嬉しさも湧いてきたが、自分の他に誰も住んではいない。

一文物語365 挿絵 見えない何か

2017年3月5日一文物語より

一文物語365

一文物語日々集 タイトル 帰宅