2017年3月30日一文物語

彼は、夜の裏窓から見える多面に並ぶ窓の中で住まう千差万別の生活人を羨むように、ただ温かいだけの弁当を食べるのが唯一の楽しみであった。

一文物語365 挿絵 夜の窓

2017年3月30日一文物語より

一文物語365

一文物語日々集 タイトル 裏窓