2017年4月14日一文物語

嬉しかったり楽しかったら笑え、と感情の出し方本でしか学んでこなかった彼だったが、あとにも先にもない唯一の友人の葬式に呼ばれた嬉しさで、参列中、笑みを絶やすことがなかった。

水引

2017年4月14日一文物語より

一文物語365