2017年6月11日一文物語

鉄骨で組み上げられた荘厳な寺の住職ロボットは、動かなくなったロボットを供養するため、お経を唱えあげると、解体プログラムが実行され、みるみるうちにバラバラに細かく分類されると、これは破壊と再生だと参列するロボットに説法している。

一文物語365 挿絵 木魚

2017年6月11日一文物語より

一文物語365