2017年6月17日一文物語

むしゃくしゃして、抜くなと書かれた杭を抜いたら、小さな氷玉が吹き出てはやまず、辺りで屋根を奏で打つ音と悲鳴が響き渡る。

一文物語365 挿絵 抜かれた杭の穴

2017年6月17日一文物語より

一文物語365

一文物語日々集 タイトル 杭を抜いたら