朝活8週目に入って、小説本編の執筆をスタート

朝空を飛ぶ鳥

ちょうど3月の終わりと4月の始まりが混じったこの1週間。

新年度が始まり、陽気も暖かくなってきた。

そんなスタートにふさわしい時期。

朝活を初めて、ふた月が過ぎて、ついに長編の執筆をスタートさせた

数年、構想だけメモして放置していた本作。

ましてや、朝活を始める2ヶ月前まではプロットも、大まかな枠組みしかなかった。

朝活の時間のみで、
2ヶ月かかっているが、まとめることができた。

放置していた数年間はなんだったのだろうか。

頭の隅のどこかに、やろうやろう、

という気持ちだけがあるだけで、実際にはできていなかった。

ほんの少し、今までの概念を捨てただけで、
できたことは、とても大きな成果である。

朝活は自分優先

とにかく朝活は、やりたいことをやる。

小説の設定を考えるにしても、資料を読んだり、探したり、ネットで検索するも、やりたいことに付随していれば良い。

結果的に、思った情報が手に入らなかったとしても、いい。

だって、今までそれをしてこなかったが、実行に移せたこと自体に意味がある。

とても小さな前進。

現在地より前に進んだのだ。

一文字でも、進めば、いい。

何もしないよりは。

これを繰り返していたら、書く段階まで来ていた。

これからも引き続き、朝活を続けていく。

でもあまり力まずに、自然とできるようにになったから楽しく感じている。

想像は止まらない。

朝空を飛ぶ鳥