朝活9週目、悩んで原点回帰

ノートと万年筆

今週は、2回朝活できなかった。いつもの時間に起きることができなかったのだ。

どうも睡眠時間が足らなかったせいか、眠気に勝てなかった。

人と合う機会が多かった1週間でもあり、自分では気づかない疲れがあったのかもしれない。

もう少し、睡眠時間を伸ばすには早く寝ないとダメだ。

0時近いので、23時には眠りにつきたい。

キーボードから手書きに

先週から今まで作り上げてきたプロットから、小説本編の執筆作業に移っている。

今回は、初稿からパソコンに打ち込んで作ろうとしていた。

だが、まったく指が動かない。

今まで小説を書く時、初稿は、必ずといっていいほど手書きしていた。

ペンで書くのと、キーボードで入力するのでは、言葉の出方が違ってしまう。

どうも、入力した言葉に違和感を感じて、なかなか話を進めることができなかった。
これは、修行だと思って粘っていたが、やっぱり納得した文章にならず、原点回帰することを決めた。

小説を書くときは、横書きのノートに色ペンで書きます。
中学生のころから、ずっとこのスタイルでやっているためか。

キーボードで打ったほうが断然、速いはずなのだが、文章に違和感を覚えてしまう

手書きに生命力を感じる

ただ、この現象は、小説を書くときだけであって、このブログ本文を書くときや、一文物語を作るときは、直接キーボード入力ができている。

小説を書くときだけ、頭の回路がキーボードではなく、ペンにつながってしまっているような感覚。

便利なツールがあるのに、そちらを上手く使いこなせずいる自分に悩みつつも、手書きというアナログ感に生命を感じていたりもする。

ペンが産み落とすインクで書かれた字には、なにか特別な力があるように感じる。

単に、それを手放すことができないだけなのか。

では、キーボードで入力されたブログや一文物語に、生命力を感じないのか。

いや、そうではないから、とても悩ましい。

ここは、使い分けをしていくことで、執筆を進めていこうと思う!

ノートと万年筆




作品出品イベント情報
「THE LIBRARY 2017」

2017年8月15日 (火) ~8月26日 (土)に開かれるブックアート・手づくり本の展覧会に一文物語の手製本はん・ぶんこを出品します!ぜひ、遊びに来てください!




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。