文学のWeb上での新しい表現研究

本と虫眼鏡とペン

文学のWeb上での新しい表現とは、自分の中で、定義ができていない。

電子書籍のことではない。
紙の本が、電子的な本になっただげで、表現が変わったわけではない。

Web上で、小説を読むことは、紙の本から表示する場所が変わっただけである。

Web上であれば、文字を読ませるにしても、もっと違った表現方法があるのではないか

たとえば、

文章が常にスクロールしていく。
文章の表現で、色が変わったり、天気で内容が変わるとか。
コンテンツが動的になることだけでなく、文学のための新しいデバイスが生まれてもいいのではないか。
VR上での没入感が味わえるような……

伊藤計劃さんのSF小説「ハーモニー」のマークアップされた文章は、デバイスを通して何らかの体感を得ることができるかもしれない。
電脳的なことになれば、直接感情が流し込めるとか。

<感情>悲しい</感情>

紙上では得られない付加価値をつけることもWeb上では可能なのではないかと考える。

ただ、文学は単なる単語だけで、感情や物事を表現するわけではない。
並ぶ文字たちの重なりの表現であるので、それらがWebでどう作用するかなど、未知である。

でも、できれば、そうなるものを作ってみたい願望がある。
自分だけでは、できることに限界があるので、オープンにアップしておく。

これから上げるリストは、思いついたものをメモしてあったもの。
単なるアイデアだったり、今後、掘り下げていくものである。

アイデアリスト

  • webで魅せる文学、小説とは
  • 電子表現での文学の面白さとは。
  • ウェブ文学・システム・プロトコル などの名称
  • 自動スクロール/手動スクロール
  • 読み箇所が特定の文字・箇所・場所に来るとエフェクトが出る。
  • エフェクトボタンを表示して、読み手がエフェクト箇所にきたら押せる。
  • 潰れる内容だったら、文字が潰れていくイメージ。
  • 一文字がレイヤーで重なっている。3Dな感じ。スワイプやクリックでレイヤーをずらしていく。
  • トレンドが小説に反映される。書き換えられる。
    • 原作者の意図を意味なくしている?
  • 書き手の背景を知っているか知らないかで、作品の価値が変わる。人は、書き手の何かを感じ取るフィルターを持っている。
  • アンケートが取れる。
    • 結末に影響
    • ゲーム的だな
  • 読んだ箇所の色が変えられる。
    • 一文字ずつ変わっていく。
    • 単語単位で。
    • 行単位、段落、ページと選べる。
    • カーソルを押すだけ。
  • 神は細部に宿る、デザインの徹底的なこだわりがすごいクリエイターたちのポートフォリオサイトのまとめ
    • http://substance-ex.jp/Lch344445/94541
  • 3Dプリントされた文字。
    • 文字の裏に番号がふってあって、並べて行って文章になる。
  • カード一枚を文章で、くり抜く。
  • カーソルを動かして、読んだところから次のページの言葉が出てくる。
    • ページをめくる概念がない。
  • その時間にならないと、そのページを読むことができない。
    • その1時間だけ、開けるページ。毎時間読みにくる。
    • ドラマ「24」のような。
    • ミステリー小説では使えるか?
  • 気温で色が変わる
    • 気温で温度の単語が変化
本と虫眼鏡とペン




作品出品イベント情報
「THE LIBRARY 2017」

2017年8月15日 (火) ~8月26日 (土)に開かれるブックアート・手づくり本の展覧会に一文物語の手製本はん・ぶんこを出品します!ぜひ、遊びに来てください!




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。