糸かがり手製本はん・ぶんこの冊子の背に穴をあける作業

はん・ぶんこの本文用紙の背に穴

一文物語の新作糸かがり手製本はん・ぶんこ、鋭意制作中の水島です。

5月7日の文学フリマ東京のイベントまで、ひと月を切りました。
前々から、手製本制作を進めているので、まだ焦りはありません。
余裕、大事です!

さて、前回までの作業は、A4用紙をカットして、折る作業でした。

新作はん・ぶんこの冊子

A6サイズになった本文用紙をさらに半分に折って、A7サイズになりました。

今回はこれらひとつひとつに、かがり用の糸を通すための穴を、冊子の背に空ける作業です。

道具

冊子穴あけの道具

左右に傾斜をつけた板の手作りの道具(写真左)
冊子に穴を空ける位置を印した当て紙(写真中央)
穴を開ける先の尖った針・マイクロナイフ(写真右)

穴あけの穴受台

穴受台。A4サイズ程度の大きさ。家にあった廃材で制作。

穴あけの穴受台

左右の板との間には、少し隙間を作っています。
冊子に穴を空ける際、針が通り抜けるためのスペースです。

マイクロナイフ

穴を空ける先の尖ったナイフ。
直径1.2ミリの穴が空く仕様。

作業の流れ

穴あけの位置を印した当て紙

4枚ひと組にして、中央で折った冊子を一部、背を穴受台の溝に合わせて置く。

穴を空ける位置を印した当て紙を置きます。赤く線が入っている箇所が穴を空ける位置。

はん・ぶんこサイズは、4箇所穴を空けます。

冊子を穴受台に置いたところ

冊子が少し浮いた状態になります。
ナイフを突き刺すと、冊子を突き抜けてくれます。

冊子に穴を空けたところ

穴を空けたところ。
背に向かって、まっすぐ空けるように意識します。

4箇所、穴を空けました。

冊子に穴を空けたところを反対側

背の方から見ると、紙の折り目にしっかり穴が空きました。

冊子全部に穴を空けたところ

部数分、すべての冊子に穴を空けます。
サクッと刺さって、穴が空く感じなので、少し快感があったりします。

6冊子分、全部に穴を空けました。最終的にあと2冊子増えて、本文は8冊子になります。

本作の一文物語収録は、2017年1月から4月分なので、4月が終わらないとでき上がりません。できるところから作業を進めています。

次は、表紙と裏表紙を作りたいと思います。

文学フリマ東京・一文物語365出店についてはこちら。

第二十四回文学フリマ東京出店情報

2017.04.07
はん・ぶんこの本文用紙の背に穴




作品出品イベント情報
「THE LIBRARY 2017」

2017年8月15日 (火) ~8月26日 (土)に開かれるブックアート・手づくり本の展覧会に一文物語の手製本はん・ぶんこを出品します!ぜひ、遊びに来てください!




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。