糸かがり手製本はん・ぶんこの糸かがり

一文物語365 飛 糸かがり手製本

手製本制作、ついに糸でかがる工程にやってまいりました。

糸かがりということもあり、糸は1本のみでかがっていきます。

できれば、かがるための表紙と本文、そして裏表紙すべてが揃ってからのほうがよいのですが、制作時間の都合上、今回は、かがれるところまでやることにしています。

本文冊子が1冊出来上がっていませんが、そこまで進めていきます。

道具

糸かがり手製本の道具

糸と針があれば、基本的には問題ありません。

針は、先が尖っていない針を使います。紙を誤って指してしまうので。クロスステッチ用の針を使用しています。

製本針もありますが、針の太さが少し太めなので、穴の広がりをおさえるため細めの針を使用。

また、冊子をおこえこむクリップや、糸用ワックスがあると、より制作がスムーズになります。

レース糸紫野

使用している糸は、レース糸。

横田株式会社のダルマ糸。#40の紫野という種類。
単色のものやグラデーション糸もあるので、どれを使うか迷います!

ダルマレース糸#40 紫野 | レース糸 | PRODUCTS | 横田株式会社-ダルマ糸製造元-

糸用ワックスThread Heaven

糸用ワックス–Thread Heaven。

手芸サイトなどを探して手に入れました。

糸用ワックスThread Heaven 糸用ワックスThread Heaven

指で糸を押さえて、糸を引っぱります。糸がワックスでコーティングされます。

ワックスをつけることで、絡まりが少なくなり、糸の保護にもなります。

糸かがり

表紙の糸かがり

表紙の外から内側へ一度糸を通して、反対の穴からまた外へ。

表紙の厚紙を二つ折った理由は、内側へ糸を通すためです。
また、最後に外に出ている糸を内側に入れ込んで、厚紙を貼りわせます。
そうすることで、糸が内側に隠れます。

表紙と本文の糸かがり

表紙に、本文冊子を重ねます。

本文冊子の穴へ、糸を通します。

表紙と本文の糸かがり

本文冊子の内側。隣の穴から、外へ糸を通します。

表紙と本文の糸かがり

同じ位置の表紙の穴に糸を通します。

最初に表紙に通した糸をまたぐようにして、もとの穴から糸を出していきます。

こうすることで、表紙と本文冊子が糸で結ばれるような形になります。

表紙と本文の糸かがり

また本文冊子の同じ穴から内側へ糸を通して、次の穴へ。

次の穴から外へ出て、さっきと同じように表紙の穴へ通して、糸を引っ掛けて、この穴へ戻ってきます。

基本的には、1つ前の冊子の糸を軸にして、糸を回していきます。

糸かがり手製本の背

実際には、折り返しの部分にもやり方がありますが、こんな感じで繰り返していくと、本のようになっていきます。

背に、糸目もきれいに出てきます。
この作りでは、背表紙はありません。背表紙がないことで、どのページも平らに開くことができるようになるのです。

糸かがり手製本の背

最後の冊子が出来上がるまで、余っている糸は、いままでかがってきたところが緩まないように結んでおきます。
もちろん、ほどけるようにしておきます。

本の形なって、完成までもう少し。

出来上がりが楽しみだ!

制作中の手製本に掲載している一文物語は、毎日、当サイトでも更新しています。
一文物語 日々集のページで読むことができます。

一文物語365 飛 糸かがり手製本




作品出品イベント情報
「THE LIBRARY 2017」

2017年8月15日 (火) ~8月26日 (土)に開かれるブックアート・手づくり本の展覧会に一文物語の手製本はん・ぶんこを出品します!ぜひ、遊びに来てください!




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。