その時の思い出を写真に収めるべきか、記憶にだけとどめておくべきか

カメラとノート

今は、スマホでもデジカメでも簡単に写真が撮れて、なんとなくその時のことを記録できてしまう。

写真とは

自分は、ただなんとなくでその時を切り撮ることはしたくないので、スマホを持っていても写真を撮ったりしなかった。
いままで、あとで見返したいと思うこともほとんどなかった。

とりあえず、撮る、みたいなことはできない。

だから、本当に、コレは、とピンときたものした写真を撮らなかった。
作品として狙って、撮っているわけでもないけど……。

物事を覚えることに限界があることはわかる。でも、写真をただの外部記憶みたいに使いたくないと思っている。
印象的だったものは、きっといつまでも脳に残るだろうと考えている。

写真を撮ったから、もう安心。
何かあった時に見返せば記憶は蘇るでしょ。
「今」という時間を簡単に消費してしまっているようにも思える。
どうもそれが嫌いのようだ。

後悔

でも、昨日のことは、なぜだか写真を撮らなかったことを後悔している。

昨日は、一文物語の絵を描いていただいた高枝鋏さんが参加しているグループ展「Fantasia 2017」を見てきた。

DM Fantasia 2017

最終日ということもあり、参加されていた作家さんたちが在廊されていた。お客さんもいて小さな展示会ではあったが、とても賑わっていていい雰囲気が出ていた。
とても素敵な空間だった。

なぜだか、その会場の一コマを写真に撮っておけば良かった、と家に帰ってきて後悔した。

自分にとって、かなりピンと来た時だったのかもしれない。

また同じ作家さんたちが集って、同じ作品を飾ることはないだろう。

そもそも会場での写真撮影が可能だったかはわからない。
でも、撮っても大丈夫か、それくらい聞けばよかった。
それすら後悔している。

会場の中央には、コットンをたくさん使ったアートがあり、すっぽり被れる服のようなものと帽子も置かれていた。
体感型アートの説明文があった。

ふと、そこででしかできないことをしておくのもありだったなと、後悔した。

気持ちの変化

いままで、深くそこまで思ったことはなかった。
あまり自分のことが好きではなかっり、そんな自分が写真に写ること自体も好きじゃない。

でも、最近はそんなこともないと思い始めてもいる。

この気持ちの変化はなんなのだろうか。

はっきりとした理由はわからないけど、せっかくの機会を記憶と写真におさめてもいいじゃないか

カメラとノート




作品出品イベント情報
「THE LIBRARY 2017」

2017年8月15日 (火) ~8月26日 (土)に開かれるブックアート・手づくり本の展覧会に一文物語の手製本はん・ぶんこを出品します!ぜひ、遊びに来てください!




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。