紙をただ半分に切るなら裁断機ハンブンコがオススメ!

プラス 裁断機 スライドカッター ハンブンコ

従来の簡易的なカッター裁断機は、目盛り線の位置によっては正確な位置でカットすることができなかった経験がある。

プラスのハンブンコは、目盛りを気にすることはない。

 

カット位置が必ず紙の真ん中に来る形式

スライドカッター ハンブンコ

スライドさせるカッターが板の中央にあり、左右のゲージが連動して紙をカッターの中央に配置してくれる。

A4であれば、210mm x 297mm。
長辺297mmを半分にすると、148.5mmとなる。

しかし、一般的な裁断機では、A4の半分A5は、105mm x 148mmであり、じっさいに半分にすると、0.5mmのズレが生じる。

製本する私は、A4から4分の1サイズまで、切り出すため、この0.5mmのズレが気になっていた。

このハンブンコを使うことで、左右で連動するゲージのおかけで、紙の中央で切ることができるようになった。

プラス 裁断機 スライドカッター ハンブンコ

私は、A3をA4にカットすることができるA4タイプを購入。

これより大きいサイズ、A2をA3にカットできるA3タイプもある。

 

切るだけじゃない。折り目、ミシン目も!

スライドカッター ハンブンコ 折り目替刃

直線(切る)刃は、盤に付属している。
折り目とミシン目の替刃は、別途購入する必要がある。

私は、折り目の替刃を購入。

これまた厚紙を半分に折る際、センターに折り目となる線を入れておくことで、折りやすくするためだ。

スライドカッター ハンブンコ スライドカッター ハンブンコ

今までは、半分を定規で2箇所測り、ヘラなどで折り線を手で1枚1枚つけていく。
このハンブンコがあれば、折り目用の刃を装着させて、スライドさせるだけで、折り目の線が入る。

厚紙の折り目線 厚紙

作業が捗ってとても良い。

スライドカッター ハンブンコ 替刃

替刃を置いておく場所(盤の右上)もあります。
この溝に入れておけば、なくしません。

 

後継機に期待することもある

紙を切る際、しっかり紙を押さえていないとズレる可能性がある。

センターのスライド版が盤と紙を挟み込んで、しっかりロックされるわけではないので、注意が必要。

また、一度にあまり数は切れない。20枚位はカットできると説明書きにはあるが、カッターを何度か往復させる必要はある。

そうすると、切れた紙がずれて、予期しない切れ目が入ってしまうかもしれないので、こちらも注意が必要。

半分に切る以外にも、規定サイズにカットすることも可能であるが、半分に切るだけでも十分な機能を備えた裁断機ハンブンコではなかろうか。

価格も決して高くはなく、繰り返し使えるので、とても良い買い物をした。

半分に切るだけを求めていたら、一度検討してみてはいかがでしょうか。

プラス 裁断機 スライドカッター ハンブンコ