一文物語を始めるきっかけは絵本作家の成り立ちを読んで

一文物語365 One Sentence Story 365

2013年6月28日。

小説が書きたいと思うだけで、

まったく書かず、

いろいろなことから逃げて、

なんとかWebデザインの仕事をして日々を過ごしていた。

 

一文物語を始めるきっかけは、

ヴィレッジヴァンガードに

置いてあった本を立ち読みしたのがきっかけ。

その本は、

有名な会社の社長や作家、クリエーターが

どんなことをきっかけにして、

今の仕事をしているのかを書いてある本だった。

 

その中のひとりに絵本作家のことが書いてあった。

紆余曲折あったその人は、幼稚園で先生をしていた。

その時、園児に絵を描いてくれと頼まれて、

毎日一枚絵を描いた。

最初は、下手だった。

でも、毎日一枚描いていた。

 

見てくれる子がいたからだ。

気づくと絵本のように物語となり、

絵本作家になっていた。

 

最初に、絵を描いてくれと頼み、

それ以来絵本作家のファンになった園児は、

時がたって、絵本作家の妻となったという逸話もあった。

 

これを目にした時、

そうか。
毎日、一文だけの物語を書けばいいんだ。
そうすれば、毎日、新作を書くことができる。

単純にそう心から思ってしまった。

ビビッと体中に電気は走ることはなかったが、

頭の中にかかっていたモヤが

フワーッと晴れた気がした。

 

店を出るなり、

すぐに一文だけの物語を考え始めた。

たぶん、これから自分は、

長い旅へ旅立つのだ

と思っていたのかもしれない。

 

2013年6月28日、最初の一文物語はこれだった。

日の出が昇るとともに彼は、家を出て行った。

物語でも何でもない一文。

しかし、まぁ、

この一文を作ってから、

一度も途切れることなく書いていると思うと、

遠くまで旅をしてきたなと思える。

最初の一文物語は、

意味のある一文物語になっているじゃないかと思う。

 

この時はまだ、飯田茂実さんの一文物語集という本があることも知らなかった。

二日後にはAmazonで一文物語集を注文していたけど。

そして、

そして、

一文物語を始めて6日後、

尿管結石になって救急車で運ばれることになり、

ダイエットを決意する。

きっと、一文物語がデトックス効果をもたらしてくれたのだと思う。
(※個人の感想)

一文物語が何を導いているかはわからないが、

その後は、浮き沈みもあみ、

沈みきりそうになった時もあった。

 

でも、一文物語だけは、

細い釣り糸のように自分をどこかで釣ってくれていた。

だから、今がある。

一文物語を始めた自分に感謝する。

さて、明日はどんな一文物語が生まれるだろうか。

想像できる毎日が楽しみだ。

体重を半年かけて10kg落としてから3年経ってもリバウンドしていない

2017.02.23

一文物語集3選 - 私が愛してやまない一文物語集

2017.03.01
一文物語365 One Sentence Story 365




作品出品イベント情報
「THE LIBRARY 2017」

2017年8月15日 (火) ~8月26日 (土)に開かれるブックアート・手づくり本の展覧会に一文物語の手製本はん・ぶんこを出品します!ぜひ、遊びに来てください!




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。