水場でひらめいたアイデアをとるなら、耐水性のメモ帳とペンを。

ノートとペン

朝、歯磨きをしていたところ、今考えているリレー小説のキャラクター案が浮かんだ。

とてもいいキャラだと思い、あとでメモしておこうと、そのまま歯磨きを続けた。

しかし、口をゆすぎ、歯を磨き終わったときには、そのキャラがどんなだったかわすれてしまった。

かなり、後悔している。その場で、メモしていれば悔やむことはなかっただろうに。

けれど、その場にスマホはなく、あとでいいやと思ってしまったのだ。その場から動けないわけじゃなかったから、スマホを取りに行けば良かったのだ。

よくアイデアが浮かぶ場所

煮詰まった時や、まとめたい話をうまく表す言葉を探している時など、解決策がふっと浮かんでくることがある場所。

私は、よく水場にいるときに、アイデアが浮かぶ。

  • 冒頭に書いた歯磨きをしている時の洗面所
  • お風呂に入っている時、それも湯船にしっかりつかっている時
  • トイレにいる時

スマホを持っていれば、その場でサクッとメモアプリにメモできる。しかし、なかなか水場にスマホやメモ帳を持っていくことはない。

メモアプリのスクリーンショット

四六時中、スマホをいじったり、肌身離さず、ということはしていないので、持っていくことがない。
濡れてしまうのが嫌だという理由もある。

水に強いメモ帳

歯磨きしているなら、そのままメモしに行くようにすればいい。さすがに、お風呂にスマホを持ち込むほどとは思わない。

防水してまで、風呂でスマホをいじりたくはない。

けれど、リラックスできるのか、突然、ひらめくことがよくあるのが、入浴中である。

濡れても平気なメモ帳でもあれば、と思い、調べてみるとありました。
耐水性の紙のメモ帳と、油性ボールペン。

このボールペンは、パワータンクという加圧式で、ボールペンの弱点を補っている。利点は、下記の3点。

  • 上向きでも書ける
  • 濡れた紙にも書ける
  • 氷点下でも書ける

他のブログでも、耐水性の紙とこのボールペンのコンビで、紹介されていました。
これなら、お風呂場でもメモが取れますね。雨の日の外でも、大丈夫そう。

お風呂に入っている時に、ひらめいたら、忘れないように必死になんども繰り返して覚えるようにしていました。
これでは、リラックスできません。

水場でもメモが取れるメモ帳とペンがあれば、ひらめきが降りてきた時でも安心しますね。
風呂から上がったら、スマホなどにメモし直せば良さそう。

ノートとペン




作品出品イベント情報
「THE LIBRARY 2017」

2017年8月15日 (火) ~8月26日 (土)に開かれるブックアート・手づくり本の展覧会に一文物語の手製本はん・ぶんこを出品します!ぜひ、遊びに来てください!




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。