2017年6月19日一文物語あとがき-簡素過ぎても

一文物語あとがき タイトル ワッ

今日の一文物語は、ぽっと湧いた一言から生まれた。

着想

「その目玉、待ってー。」

最初、頭に浮かんだその一言で終わらそうと考えていた。

短くて、シンプルでいいなぁと思って、少し寝かせた。

次第に、これだけでは寂しい気持ちになってきた。
もう少し、状況を描きたいと欲が出た。

視点

セリフ一言では、かなり簡素で、インパクトに欠ける気もしていた。
状況がいまいちわからない。

逆にそのほうが、一文物語として想像しがいがあるのかもしれないが、それにしてもやっぱり粗雑だと思った。

目玉がどうしてそうなったのかを付け加えることにして、視点を外へと持っていくことにした。

 

個人的には、三人称で描くのが好きである。
客観的に見れるのがいいと思っている。

映画館で、スクリーンに写る映像を見ているような。

あまり雰囲気は書かず、その出来事のみをストレートに書くだけにしている。
ホラーなのか、ギャグなのか、読む人によって捉え方は変わるだろうと考えている。

もしかしたら、読んでいる場所の雰囲気で、印象も変わるかもしれないとも思っている。

 

一文物語については、少し現実ではないようなあるようなところを描いていきたい。

解釈も自由で、どう想像したのか、どう思ったのか、話せたらとても楽しいだろうと思う。

いつか、一文物語お話し会などを開いて、想像して思ったことを聞かせてもらったら、楽しいだろうなと想像している。

[kanren postid=”2657″]

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。