第二十五回文学フリマ東京に出店します!

2017年11月23日(木・祝)に開催される文学フリマ東京に出店します!一文物語はもちろん、その他に、新時代Web文学表現研究や手製本、小説に関することを展開していきます!詳細はこちらから。

2017年6月23日一文物語あとがき 一歩先の展開を

一文物語あとがき タイトル カバンの底

今日の一文物語は、靴底のカバンというアイテムを使って。

着想

昨日、思いついたが、自分の中でまだ噛み砕けずに保留にしていた物語。

今日、納得して形にすることができた。

もとは、写真を眺めていたら、カバンの底が靴底のラバーになったアイテム写真が流れてきた。

これを見た時、これを使って物語を作ろうと思い、靴底の機能を活かしたものにしたいと考えた。

地面に置いても、
汚れを気にすることもないとか、
少し斜めったところでも滑らないとか。

そして、地面に置くと、勝手にどこかに行ってしまう、困ったカバン。

ここまでは、すんなり考えつくことができた。

一歩先の展開を

着想で思いついた段階までは、昨日の時点で作り上げていたが、納得できなかった。

 

すんなり物語にできたことは、とても気持ちよかったが、そういう時に限って、

自分の考えが安易すぎるのでは、

と思ってしまう。

 

頭を使ってないと自分で思ってしまい、もっと何か面白くなる展開があるのではないかと思ってしまう。

しかし、こればかり繰り返していたら、いつになっても作品作りは終わらないので、どこかで決定しないといけない。

それでも、昨日はこれでいい、と最後まで納得できず保留にした。

 

なるべく、前半を読んで、最後のオチが予想できないような内容にしている。

ある程度、予想できてしまえば、面白くない。

少し不思議な世界を切り取る一文物語ならではの、斜めな展開を意識している。

 

それで、今日考えて最後に付け加えた、カバンの中身が踏み潰されている、という終わり方。

ここをどう捉えてもらえるか、不思議に思ってもらえたらいいな。

2017年6月23日一文物語

2017.06.23
一文物語あとがき タイトル カバンの底




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。