2017年9月22日一文物語

2017 9/22
2017年9月22日一文物語

生涯をかけて架空の街を緻密に描いていた彼は、未完成のままの絵の上で力尽きてしまっていたが、架空の街の中心の小さな部屋で架空の街を緻密に描く青年をちょうど描き終えていたところだった。

一文物語365 挿絵 鉛筆と消しゴム

2017年9月22日一文物語より

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる