2017年9月25日一文物語

ほとんど喋らない彼は、言葉を発する前に必ず咳き込んで、自分の中に降り積もった言葉の埃を払いのけ、煌びやかな一言を残して、静かに笑う。

一文物語365 挿絵 吹き上がる埃

2017年9月25日一文物語より

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる