2017年11月3日一文物語

流木が流れ着いた大荒れの晩、雷鳴のごとく大地に響く太鼓でこの地に眠る神が目覚めて巡り合わせられた神木を拾い、黒雲を吹き飛ばして天照らす。

2017年11月3日一文物語より

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる