2017年11月27日一文物語

夏への扉は、熱くて触ることもできず、誰も向こうに行った者はおらず、とうとう扉が溶け始めている。

一文物語365 挿絵 熱気漂う扉

2017年11月27日一文物語より

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる