2017年11月30日一文物語

少女が小川を通りかかると、海底の住まいを明るくする光を求めていた人魚が休憩していて、話を聞いた少女は、家から持ってきたマッチとろうそくを手渡した。

一文物語365 挿絵 ビニール袋に入ったマッチとろうそく

2017年11月30日一文物語より

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる