文学フリマ東京に建てられた綾辻タワーには、ミステリー作家綾辻行人さんの小説をモチーフにしたジュエリーが飾られていた!

第二十七回文学フリマ東京で、ブースに建てられたジュエドルさんの綾辻タワー

2018年11月25日に開催された第二十七回文学フリマ東京で、ブースのビジュアルが一番印象的だったのが、綾辻タワー。

綾辻さんのミステリー小説、館シリーズの大ファンな私は、大興奮でした。

綾辻タワーには、ミステリー小説の館シリーズやホラー小説Anotherに出てくるアイテムをモチーフにしたジュエリーが飾れていました。

ジュエリー作家さんのすごい熱意が形になったタワー

第二十七回文学フリマ東京で、ブースに建てられたジュエドルさんの綾辻タワー全体

文学フリマは、文芸・文学に関することなら、何をしても良いため、本だけでなくグッズを飾っても大丈夫なんです。

ジュエリー作家・ジュエドル・まりスティーヌさんは、綾辻さんご本人と出版社の角川に許可を得て、今回の文フリに参加されたとのこと。

しかも、ジュエリーの販売はせず、ただ展示されているだけでした。

それでも、タワーを作って、見せようとする綾辻作品への熱意は凄かった。

小説世界から飛び出てきたアイテム

綾辻タワーのAnother眼帯をモチーフにしたハート型のジュエリー
ホラー小説「Another」の眼帯をモチーフにしたモノ
綾辻タワーの眼球綺譚のモチーフ
ホラー小説「眼球綺譚」のモチーフ
綾辻タワーの奇面館の殺人の仮面
ミステリー小説「奇面館の殺人」の仮面

まとめ

ひとブースまるまる使い、超高層のためご本人はタワーに隠れてしまうほど。

しばし、作品について語らう時間を過ごすことができました。

小説の中身を思い出させてくれる精巧なジュエリーをまじかに見る貴重な機会でした。

ただ、オリジナルの作品を発表するだけではない文学フリマ。

好きな作品について、語れるのも文学フリマの良いところだと今回、綾辻タワーを見て思いました。

ジュエドル®️・まりスティーヌさんについて

オーダーの一点モノから企業、アーティストの公式グッズ制作も担当。また、映画への作品提供や出演、イベント企画プロデューサー。

Twitter:jd_maris
Instagram:@jewedol

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。