小さなお話ルーレットを廻して、4つの数字から選ばれた奇跡的に生まれた一行の物語 by Kino.Q[第二十七回文学フリマ東京戦利品]

Kino.Qの小さなお話ルーレットで、手に入れた一行の物語カード

2018年11月25日に開催された文学フリマ東京で、購入した作品。

一行の物語、が目に飛び込んで、一文物語を作っている私が、足を止めないわけがありません。

Kino.Qさんの一行物語は、ルーレットを廻して、4つの出た数字に分けられたカードをつなげることで、物語ができるというもの。

ここでしか、出会えない物語と出会うことができました。

小さなお話ルーレット

Kino.Qさんのツイートより。

手作りだけど、しっかりしたルーレットを回しました。

たぶん、二度と出揃わないだろう4つの数字から選ばれたカードを手にしました。

一期一会の物語

Kino.Qの小さなお話ルーレットで、手に入れた一行の物語カード

桃色の雪が降る日に
色彩のない街で
記憶のかけらを
編みました。

幻想的であり、メルヘンチックな物語になりました。

どんな記憶が編まれるのか、想像が広がります。

小さなお話ルーレットから生まれた物語は、自由に使って良いとのこと。

ここから、お話を広げていってもいいし、一行目に持ってきて、続きを書くのもとても楽しそうです。

Kino.Qは、文房具メーカー

文房具をモチーフに、作品や日常的に使えるものを一人で作っているそうです。

Kino.Qの小さなお話ルーレットで、手に入れた一行の物語カード

今回、手にしたカードや小さな袋の手触りも面白く、紙へのこだわりを感じました。

Kino.Qの小さなお話ルーレットの袋

よく見て触ってみると、凹凸加工がされていて、ただ字を読むだけでなく、紙を楽しむこともできました。

Twitter:@29182929cm
Kino.Q Webサイト

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。