第28回文学フリマ東京に出店を終え、一文物語と手製本に感謝と次の挑戦へ!

第二十八回文学フリマ東京 一文物語365のブース

2019年5月6日に開催された文学フリマ東京、無事、終えることができました。

一文物語や手製本にたいへん多く興味を持っていただき、また購入していただき、ありがとうございました。

一文物語365での出店は最後となった今回、イベントの来場者数も過去最高を記録。新規出店者さんは約4割とのこと。

新しい風が流れ込んできたかのように、私自身、とても刺激を受けました。別の形で、イベントに出たいなと思いました。

差し入れもいただけ、戦利品を読みながら、いただこうと思います。

5年半続けてきた一文物語と手製本に感謝

第二十八回文学フリマ東京 一文物語365のブースの正面

一文物語は、2018年末に終了しました。5年半、毎日作り続けてきました。

第二十八回文学フリマ東京 一文物語365のブース

それらを手製本にした16作の一文物語の本がブースに並びました。

手の平サイズの手製本と出会って、一文物語の手製本作りが始まりました。

その出会いの前に、私自身精神的につらい状況でもあり、この手製本がそこから救ってくれたとも言えます。

第二十八回文学フリマ東京 一文物語365のブース

作った物語を、自分の手で本にできた喜びは、私自身を大きく成長させてくれました。

そして、文学フリマに出て、多くの人に一文物語や手製本に興味を持っていただけたことは、とても嬉しく思いました。

どんな形であれ、物語を作っていきたいと思わせてくれました。

戦利品/入手アイテム

第二十八回文学フリマ東京 購入作品一覧

文学フリマは、たくさんの作家さんたちが一堂に会します。

たくさんの作品に出会うこともでき、刺激をもらいます。

今回、購入した作品

  • 三つの小石/ほしおさなえさん
  • はまぐりの夢 vol.1/lotto140
  • 満想のエピゴーネン/河村塔王さん
  • 名も無き日常の物語/河村塔王さん
  • カール・フリードリヒ・ヒエロニュムスの生涯/河村塔王さん
  • sin文紙 病みつき嘘つき(フリーペーバー)/紙男さん
  • 君は折り鶴を折っていた/紙野七さん
  • ポメラのお菓子(アンケート特典)

作品を読んだら、このブログで感想をアップしていきます。

次の挑戦へ

次の文学フリマや他のイベント参加は、今ところ未定です。

しかし、詩を書き、長編小説をオンラインで連載し、新しいことに挑戦しています。

新しい形で、またイベントへの参加したいとも思っています。

その時は、またおってお知らせいたします。

引き続き、水島一輝の作品をよろしくお願いいたします。

合わせて読みたい関連記事

Web小説連載中!

「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
異世界に迷い込み、妖精の力を宿した少女のほとり。新しい理想水郷の島作りを目指し、様々な理想水郷を冒険をしていく長編ファンタジー小説!

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。