近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法 」を実践して、本の数が3分の1になった!

空の本棚

近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法 」を読んで、本棚の片付けをしました。

まず本棚にある本を床に並べる

床に並べられた本

本棚にしまった状態で片付けるのではなく、まずはしっかり出します。

そして、一冊一冊手に触れて、ときめくかどうかを試して行きます。

ときめいたら残す本です。

それでも中には、どうしてもその判断に迷ってしまいます。

しかし、もう情報は吸収したのだと、強く自分に言い聞かせて、本を捨てる本に移動させていきます。

残った本は、3分の1になった

床に並べられた本

3分の1にまでなると、グッと少ないように感じられます。

漫画「新世紀エヴァンゲリオン11巻」2冊

整理の途中で、同じ巻数の本が出てきました。なぜ、2冊あるのかわかりません。

エヴァはとても好きな作品です。でも、漫画を手に取った時、ときめきませんでした。

この時、漫画ではなく、アニメのエヴァが好きなんだなと気づきました。

自分を知る

作業を一通り終えたところで、残った本の中でも、必要なくなったら、ありがとう、を言おうと思えるようになりました。

いつもだったら、本を片した後、本棚の余白をまた埋めたいと思うのですが、今回はそれがありませんでした。

残った本の印象が強くなりました。自分の好きなことが、より明確になりました。

自分という人間を知るには、机に向かって自己分析したり、人に話を聞いたりするのももちろんよいけれど、片づけするのが一番の近道だと私は思います。持ちモノは自分の選択の歴史を正確に語ってくれるもの。片づけは、本当に好きなモノを見つける自分の棚卸しでもあるのです。

単に片付けていくより、ときめきがあるかどうか、自分の感情に聞いて作業するだけで、また新しい自分を発見できたように思えました。

自分のことを知っていたつもりでしたが、案外シンプルな枠に収まっていることにも気づきました。

そして、これ以上物が増えると、また自分が苦しくなんだなと言う境界線を見つけられました。

もし、増えたら、ありがとう、と言って片づけよう!

書類・小物・写真の片付け

本のない本棚

書類の片付けは、基本、全捨て。保存しておく必要があるもの、または未処理のものだけを残しておきます。

小物類や写真という思い出深きものも、やっぱりときめきがあるかどうかで、決めます。

本の片付けで、だいぶ感覚をつかんだので、他の物に応用して片付けていきます。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

小説家・ブロガー・Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/2018年末までの5年半、毎日1つ一文で完結する一文物語を作り続けていました。現在、ファンタジー小説を当サイトで連載中!想像力が人生を豊かにするがモットー。

Web小説連載中!

「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
異世界に迷い込み、妖精の力を宿した少女のほとり。新しい理想水郷の島作りを目指し、様々な理想水郷を冒険をしていく長編ファンタジー小説!

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。