1日の1曲目に必ず聞く音楽が、心を整えてくれる。

ヘッドホンで音楽を聞く女性

ここで聞く最初の音楽というのは、自分から1曲を選んで、再生した音楽です。

作業用BGMや、朝の出掛けにiPhoneで聞く音楽でも、1日の1曲目に必ず聞く音楽があります。

もう5年ほど、1曲目を固定しています。この曲を聞くことで、「よし、やるぞ」という気持ちが自然と湧いてきます。

もちろん、調子が悪いなという気分でも、この曲を聞くことによって、「少し頑張ろう」という気持ちを起こさせてくれます。

ChouCho「優しさの理由」

その1曲目に聞く音楽は、歌手ChouChoの「優しさの理由という曲です。

優しさの理由 – ChouCho / iTunes

ChouChoの歌声は、尖りがなく、柔らかすぎず、それでいて芯があって、とても聞き心地がいいのです。

「優しさの理由」という曲自体も、テンポもよく明るい曲で、変にうるさくなく何度も聞きたくなってしまいます。

もともとテレビアニメ「氷菓」のオープニング曲として使用され、そのアニメを見てとても気に入りました。「氷菓」というアニメも好きな作品のひとつでもあり、その影響かもしれません。

[kanren postid=”2308″]

ルーティンの効果か?

「優しさの理由」が2012年に発売されて以来、ほぼ毎日聞き続けています。

「優しさの理由」を何度聞いても、まず飽きが来なかったのも、聞き続けられている理由でもあります。

自分の作業場は、音楽が聞ける環境でもあるので、たいがい作業場BGMの一曲目となります。

1日の始まりに「よし、がんばるぞ」というタイミングで、聞くことが多くなったこともあり、この曲を聞くことで、自然と気持ちが上がる効果が得られているのかもしれません。

また、疲れたり、気持ちを入れ直したい時も、この曲を意識的に聞くこともあります。

この曲を聞くことで、心がすっと自分の中心に座る気分になるので、何かあった時はこの曲を聞くようにしています。

最後に

現在の自分にとっては、ChouChoの「優しさの理由」が最適です。
これは、自分の場合であって、この曲を聞けば誰でも心が整うわけでもないです。

音楽は、人それぞれ好みがあるので、自分にあった1曲目を見つけてみてください。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。