11/11 糸かがり手製本ワークショップ開催!

手の平サイズに収まるA7サイズの小さなノートを糸1本で紙をかがり、作っていきます!(定員5名)

ほぼ日手帳を使って、自分だけの1日の予定をデザインしよう!

ほぼ日手帳 明日のデザイン予定を組もう!

私は、1週間をふりかえる週次レビューを行うためほぼ日手帳を買いました。

1日に起きたことや気づいたことなどを記入する日次レビューを行い、1週間経過したら、週次レビューを行います。

当ブログでは、そのやり方を紹介して来ました。起きたことを書いておくのも良いのですが、せっかくスケジュール帳としても使用できるほぼ日手帳です。

私は、1日をふりかえったら、そのまま明日のこともデザインするようにしています。

デザイン方法は簡単で、今日の振り返りを心に刻みながら、明日のデイリーページにどう過ごしたいか、やりたいことを具体的に書くだけです。

どんな風に過ごしたら、より良い1日が過ごせるだろうかと想像してやります。

1日をデザイン

ほぼ日手帳デイリーページ

ほぼ日手帳のデイリーページには、スケジュールが書き込めるように時間のメモリが入っています。

1マス1時間ですが、間にも小さなメモリが打ってあるので、30分間隔でもスケジュールを組むことができます。

きっちり書き込もうとすると、字がとても小さくなってしまいますが、記入欄は広く取ってありますので、横にずらして書くこともできます。

ほぼ日手帳デイリーページの予定

私の1日の予定を組んでみました。1時間単位での活動を考えています。

右上には、具体的なタスクも書き込めるようになっています。

1日を過ごした夜、今日をどう過ごせたか色違いのペンで、実際に過ごした内容を書き込んでいきます。

予定通りだった場合は、特に書き込まず、予定と違った場合のみ書いています。

ワクワクするような1日を作っていけるよう心がけています。

まとめ

1日をデザインしてもなかなかデザイン通りにならないこともあります。

しかし、それはそれで新しい気づきもあると思っています。そんなことに気づくことができただけでも収穫のあった良い1日なはず。

そして、さらに明日はもっと良くなっていくはず。

そんな思いを込めながら、自分の1日を作っていくと毎日が楽しくなっていきます!

私のほぼ日手帳の使い方をまとめている目次ページ↓

ほぼ日手帳 明日のデザイン予定を組もう!




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。