朝活8週目に入って、小説本編の執筆をスタート

朝空を飛ぶ鳥

ちょうど3月の終わりと4月の始まりが混じったこの1週間。

新年度が始まり、陽気も暖かくなってきた。

そんなスタートにふさわしい時期。

朝活を初めて、ふた月が過ぎて、ついに長編の執筆をスタートさせた

数年、構想だけメモして放置していた本作。

ましてや、朝活を始める2ヶ月前まではプロットも、大まかな枠組みしかなかった。

朝活の時間のみで、
2ヶ月かかっているが、まとめることができた。

放置していた数年間はなんだったのだろうか。

頭の隅のどこかに、やろうやろう、

という気持ちだけがあるだけで、実際にはできていなかった。

ほんの少し、今までの概念を捨てただけで、
できたことは、とても大きな成果である。

朝活は自分優先

とにかく朝活は、やりたいことをやる。

小説の設定を考えるにしても、資料を読んだり、探したり、ネットで検索するも、やりたいことに付随していれば良い。

結果的に、思った情報が手に入らなかったとしても、いい。

だって、今までそれをしてこなかったが、実行に移せたこと自体に意味がある。

とても小さな前進。

現在地より前に進んだのだ。

一文字でも、進めば、いい。

何もしないよりは。

これを繰り返していたら、書く段階まで来ていた。

これからも引き続き、朝活を続けていく。

でもあまり力まずに、自然とできるようにになったから楽しく感じている。

想像は止まらない。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

小説家・ブロガー・Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/5年半、毎日1つ一文で完結する一文物語を書き、2013作品、2018年末終了/中学生時代から物語を書いて暮らす夢を、実現すべく作家活動に力をそそぎ、ファンタジー小説を当サイトで連載中!

Web小説連載中!

「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
異世界に迷い込み、妖精の力を宿した少女のほとり。新しい理想水郷の島作りを目指し、様々な理想水郷を冒険をしていく長編ファンタジー小説!

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。