2016年2月集

目次

一文物語

1

プラネタリウムで星々を見ていたら、突然轟音とともに宇宙が落ちてきた。

一文物語365 挿絵 落下する星

2

難破した老人はクジラに飲み込まれて腹の中で生活し、時折数十匹の魚が飲み込まれ、数日後、クジラは海岸に口を開けて座礁した。

3

女は、墓の上で主人の帰りを犬のように健気に待っている。

4

この一文は呪われているから、読んだら    。

5

家の前の水たまりにしか映らない少女がいたので、枯れないよう毎日水を撒いていたが、大雨が降って別の水たまりへ移動して、いなくなってしまった。

一文物語365 挿絵 水たまり

6

枯れた大木のしめ縄を切ったら、そこで止まっていた栄養分が噴き出るように空に枝を伸ばし、芽を吹かせ葉を広げ、そして大量の枯れ葉をまき散らして、月とつながった。

一文物語365 挿絵 月に伸びる枝

7

星の片隅で働いていた自立型ロボットの一部が故障して、自己修復できず、サポートセンターはとうの昔に閉鎖され、開発者を発見したが二五〇一年前の骨と判明した。

8

ピアノの生演奏がある高級レストランの料理は美味しかったが、ピアノのテンポが早く、客の回転率が上がっている。

一文物語365 挿絵 音符

9

富士山の火口で、男が汗だくでマグマ海に針を落とし釣りをしていると、突然、釣竿が引っ張られて男は力負けしてマグマの中に引きずり込まれてしまった。

一文物語365 挿絵 釣り竿

10

ドアが突然勝手に閉まるので、盛り塩をドアストッパーにしている。

一文物語365 挿絵 盛り塩

11

枯れた大木のしめ縄を切ったら、その大木が歩き出し、山を崩し村を破壊してそこに根を張った。

12

作家の細君は、その体で夫を支え、増えゆく本棚の本が倒れないよう端っこで支え続けている。

一文物語365 挿絵 ブックストッパー

13

料亭の個室で、金の匂いがする男に喋らすと、口から金が出てくるし、食ってもいる。

14

赤ずきんちゃんの後を追ってきた狼は、彼女がふり返ると尻尾を丸めて猛ダッシュで逃げていった。

一文物語365 挿絵 しっぽ

15

乾燥時期に緊急要請を受け、迷路のような肌荒れの中を保湿クリームで壊れた扉を毎年直していく。

16

壁が雨に吹きつけられると、壁面に助けを求めている女の姿が浮かび上がる。

一文物語365 挿絵 壁に浮かび上がる人の姿

17

億千もの手が小さなガラス越しに、電子女を直接触ってこそこそ単独で小さく歓喜する。

一文物語365 挿絵 ガラス板

18

ライオンのたて髪のようになった女はへべれけで、冷蔵庫の前で缶ビールを開けられず、男にふられた愚痴をつぶやき、やさぐれている。

19

喜怒哀楽が激しい世の中という怪獣は、線のつながっていない小さなガラス板から人々の正気を吸いとって見えないほどふくれ、人々を押しつぶしている。

20

社会の不満を謳う詩人が選挙に立候補し、人ではなく羊しかついてこない。

一文物語365 挿絵 羊

21

少女が葉っぱで笛を吹くと、雲間からクジラが降りて迎えにきてくれた。

一文物語365 挿絵 雲間からくじら

22

そのお屋敷の殺人事件現場に飛んでいた蝶の羽には、写真のような写り込みがあり、それはお手伝いさんが笑顔で紅茶に毒を入れている和やかな風景が見てとれた。

一文物語365 挿絵 蝶

23

ちょっと動かないでくれるかな、と少年は制止に耐えるドラゴンの絵を描きながら、見上げて言った。

24

街で噂の悪趣味少女がいつも首から下げているドクロは、街で停電が起きた時、ドクロの目から一帯を明るくするほどの光が発せられていた。

一文物語365 挿絵 ドクロ

25

発言しただけで寿命が縮まるという噂が広まり、世間もネット世界も静まり返った。

一文物語365 挿絵 吹き出し

26

人生のアップデートが終わらないので、みんなその場から動けない。

一文物語365 挿絵 ローディングバー

27

少女は失った片目のかわりに小さな花を埋め、花片目の笑顔をふりまき、人々の心の隙間にも花を咲かせていって、最後にあふれんばかりの花が敷きつめられた棺で彼女は眠った。

28

母の大事なカップを落として割ってしまった娘は、カップを糸で縫い合わせてごまかそうとしている。

一文物語365 挿絵 縫い針

29

時たましずくが落ちる蛇口の下で乾いた舌を潤わそうとワニが、背中を無防備にして必死に口を開けているので、子供たちが無邪気にワニに乗って遊んでいる。

一文物語365 挿絵 ワニ

手製本

一文物語365 星

手製本 一文物語365 星の表紙

一文物語365 星 は、2016年1月~4月の4ヶ月分の一文物語集です。挿絵付き!

ハンドメイドマーケットminneは、会員登録せずに商品を購入することができます。

一文物語365 2016年集 星雲海

糸かがり手製本一文物語365 2016年集

一文物語365 2016年集 星雲海 は、2016年1月1日~12月31日の一年間分を一冊に詰め込んだ一文物語集です。

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。