2016年4月集

目次

一文物語

1

つたが壁をはって、とうとう塔に監禁されている姫の窓を突き破った。

一文物語365 挿絵 蔦

2

夢凧を人生糸で飛ばしたまま、引き寄せることなく、ただ背を向けて人々は歩いている。

一文物語365 挿絵 凧

3

彼女と一生離れたくないと、彼は誤って自分の背中と彼女の背中を貼り合わせてしまったので、家中を鏡張りにした。

4

太陽系に蒔いた火星の種から芽が出た。

一文物語365 挿絵 芽

5

海が干上がって新たな住処を求めた魚は、電波の潮に乗って、電線の網に引っかかる。

6

努力の甲斐あって両想いになった彼女は、偶然地獄行きの階段を見つけてしまい、愛を武器に降りていった。

一文物語365 挿絵 階段

7

水たまりに落ちるいくつもの雨粒が宇宙となって広がった。

一文物語365 挿絵 波紋

8

ようやく今年、彼は、未来から送られてきた新しい自分をキャッチして、古い自分と入れ替わることができた。

9

文通の返信が来ず、訪ねてみると、相手の郵便受けの中の時間が  っていた。

10

ペットや乗り物の入店が禁止されているので、恐竜は寂しそうに駐車場で主を待っている。

11

預言者が世界の未来予想図を間違え、真っ黒に塗りつぶしたら、世界はお先真っ暗になった。

一文物語365 挿絵 黒い世界

12

喜劇王の銅像の影を見るたびに、毎回変なポージングをして変わっている。

一文物語365 挿絵 銅像の影

13

人生のパズルが残り1ピースになって、死にたくないからとパズルをひっくり返して、また1ピース目を生み落とした。

一文物語365 挿絵 パズルのピース

14

エネルギーが減ると体は小さくなり、その大都会はゴミのようにスーツが舞っている。

一文物語365 挿絵 舞うスーツ

15

宇宙飛行士が虫取り網にまたがって、星を捕まえに行った。

一文物語365 挿絵 網でとった星

16

光のないステージで歌う彼女の口からは、心に沁みいる星が降る。

星

17

日々が明るくても暗くても、鼓動を感じて生きているだけで、星のごとく輝いている。

18

夕刻の川辺の草むらで乗り捨てられた自転車が、空回るタイヤをブレーキし、サビをきかせた動きの鈍いベルを鳴らして合奏し、見つけられるのを待っている。

一文物語365 挿絵 捨てられた車輪

19

誰も寄りつかない深い森の中で、昔付き合っていた彼女の日記を見つけた。

一文物語365 挿絵 日記帳

20

生活に慣れようと朝の満員電車に乗り、押しつぶされてヘドロを吐いているのがこの国を内面から侵略しようとする宇宙人です。

21

化学者の夫は、妻を顕微鏡でくまなく見ては、原子レベルで愛している。

一文物語365 挿絵 細胞

22

朝、目が覚めたら、植物のように伸びた自分の髪の毛に縛られていて、布団から出ることができない。

一文物語365 挿絵 髪の毛

23

入場口の扉が開くと、二人の花嫁が白いドレスを紅い水玉に染めて、火花を散らしていた。

一文物語365 挿絵 水玉

24

ただぼうっと下り続ける長い長いスベリ台を滑っていると、ズボンの尻が破れて火がつき、ぐんぐん加速して飛び立ち、大空へ羽ばたいた。

25

人々が行き交うスクランブル交差点で人生が交差して結ばれた男女の隣で、無作為の拉致事件が起こっていた。

一文物語365 挿絵 横断歩道

26

高速で飛んできた文字列が心に突き刺さって雄叫びを上げる男の隣で、文字列が突き抜けて血を流して誰かが死んでいる。

27

首元の開いたシャツのボタンが首を絞めたがっている。

一文物語365 挿絵 ボタン

28

どこまでも続く真っ赤な鳥居をくぐって行き、最後に現れた真っ白な鳥居に触れるとみるみる血の気が引いて、意識を失う寸前、鳥居が赤く染まっていくのを見た。

一文物語365 挿絵 鳥居

29

しつこくくノ一を追いかける忍者は、彼女から放たれた愛の込もるまきびしの上で歓喜の声を上げる。

一文物語365 挿絵 まきびし

30

夢で殺されかけた彼女は夜中に目が覚め、満天の星空に向かってブランコをこいでいる。

一文物語365 挿絵 ブランコ

手製本

一文物語365 星

手製本 一文物語365 星の表紙

一文物語365 星 は、2016年1月~4月の4ヶ月分の一文物語集です。挿絵付き!

ハンドメイドマーケットminneは、会員登録せずに商品を購入することができます。

一文物語365 2016年集 星雲海

糸かがり手製本一文物語365 2016年集

一文物語365 2016年集 星雲海 は、2016年1月1日~12月31日の一年間分を一冊に詰め込んだ一文物語集です。