電球を両手で持っている本・感想

心が折れたとき、自分を立ち直らせてくれた本3選「自分の、魂の速度で生きることなのよ」という文章に救われた

2015年に心がポッキリ折れてしまった水島です。 自分の弱さを変なプライドでひた隠し、他者からの視線を意識したつまらない行動ばかりしていた自分が、仕事を通じて、心が折れてしまいました。 そのことについて書いた記事「201…