一文物語の手製本

4ヶ月ごとにまとめた一文物語の手製本。1ページに一文の形式。手の平サイズの小さな本なので、持ち運びしやすく、飾っておくこともできます。オンラインショップで販売中!

ブログ/最近の投稿

第二十六回文学フリマ東京の戦利品・ほしおさなえさん・lotto140・宵待ブックス・紙男・月野玉子 x ミジカチャウダー・stoneイベントレポート

第二十六回文学フリマ東京の戦利品・ほしおさなえさん・lotto140・宵待ブックス・紙男・月野玉子 x ミジカチャウダー・stone

2018年5月5日に開催された文学フリマ東京。プロ・アマ問わずの文学作品展示即売会です。 私自身も出店していましたが、今回も好きな作家さんたちのブースをピンポイントで回って、アイテムを入手してきました! 私が手に入れたア…

新作手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡」完成手製本制作過程

新作手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡」のプリントした表紙をカットして糸かがり。1冊目が完成しました!

2018年5月1日の手製本制作日誌。 5/6(日)に迫っているイベント文学フリマ東京の作品制作を進めてします。 表紙のプリントアウトまで終えましたので、その表紙をカットして、本文とともに糸かがりする工程です。 まずは、1…

新作手製本「ポケットに入る宇宙の一文散系」の表紙モチーフ手製本制作過程

新作手製本「ポケットに入る宇宙の一文散系」の表紙制作、デジタルペイントでモチーフを一つ描きました!

2018年4月29日の創作日誌。 あと1週間と迫った5/6(日)のイベント文学フリマ東京。 今日、やっと制作中の手製本の表紙デザインに取り掛かりました。 朝活に始まり、昼間、夕方、試行錯誤しながら、ワンポイントとなるモチ…

太陽と雲自分を生きる

神の慮りという詩に二日連続で遭遇し、どんなことが起きても謙虚に、感謝の気持ちをもつようにと言われた気がした。

2018年4月25日、ネットでたまたま作者不明だという詩を読みました。 詩もなるほどなぁ、と軽く読んでいました。 そして、翌日26日、ちょうど読み進めていた本「約束された道:著 岡部明美さん」に、なんとその詩が出てきて、…