宇宙

ckip-1999

熱にうなされていた彼は、ふと、ぼやけた天井を見ると、同時に見えた四隅に見知らぬ子供の顔があって、こちらを見ていた。

一文物語シリーズ

一文で完結する物語。2013年から毎日ひとつ作り、1900作を超え、現在も続く。
クスリと笑えるものからシュールまで。どこから読んでも、続きはない。

ポケットに入る宇宙の一文散系とロゴ
ポケットに入る宇宙の一文散系

毎日ひとつ一文だけで完結する物語。SNSにアップしています!

ほっこり姫のひと手引き 一文物語
ほっこり姫のひと手引き

ほっこりと、くすっと笑える、心あたたまるインスタで読む一文物語。

一文物語365 蜜集
一文物語365 蜜集

2013年〜2017年の一文物語アーカイブ。過去作が読めます。

理想水郷 ウトピアクアの蝶

Mizucics NotesでのWeb連載長編ファンタジー小説。
あるトラウマを持った少女が、祖母の家の納屋で見つけたガラス瓶に触れたことで、ここではない世界ウトピアクアに移動してしまう。
少女は、予言の子として、学園島の長を継ぐ存在だった。
蝶の羽の生やす妖精の力が宿った少女は、新しい理想水郷となる島を巡って、この世界に隠された力を奪い合う争いに巻き込まれる。
少女の冒険と葛藤を描くファンタジー小説。

最近のブログ投稿