読書感想は、自分の気持ちの変化、経過を4段階で書いていく!

2020 2/05
読書感想は、自分の気持ちの変化、経過を4段階で書いていく!

作文、もっぱら読書感想を書くということが、小学生の頃から嫌いでした。

そもそも本を読むことじたい嫌いで、感想文も何を書いていいのかもわかりませんでした。

でも、ブログで本の感想を書き始めて、流れがつかめるようになりました。

私が、感想を書く際、ポイントにしている4点をご紹介します。

目次

自分の気持ちの変化を追う

ただ、それだけで感想になると気づきました。

一つ一つ、どんな内容を書いていくか説明していきます。

  1. 本との出会い・読むきっかけ
  2. 読む前の気持ち
  3. 読んでいる時の気持ち
  4. 読んだ後の変化した気持ち

本との出会い・読むきっかけ

その本との出会いです。課題図書なのか、本屋さんで買った本なのか。

友達からオススメされたから、などどうしてその本を手に取ったのか、その理由を書きます。

もちろん、作品内容に限らず、本の装丁だったり、形を見る部分から手にすることだってあるはずです。

どんな形であれ、本との出会いあります。人によって、出会い方は様々だと思うので、私は書いておきます。

読む前の気持ち

本と出会い、読み始める前に、その本について感じたことを書きます。

作者を知っているなら、作者について書くのもいいでしょう。

好きな作家さんなら、その理由や、本作に期待している気持ちも書いておくと、あとあとその変化を見ることができます。

概要が書いてあったら、読む前の気持ちとして、感じていたことを書いておきます。

何かを知りたいがために読むのであれば、予想したことなども書いておくのもいいと思います。

読んでいる時の気持ち

作品の概要を、自分の言葉でまとめます。こういうことが書かれていた本です、と。

そして、感じたことだけを漠然と書くのは、難しいので、本の内容を引用して、それに対して、自分の気持ちを付け加えていきます。

物語なら、印象深いシーンについて、思いの丈を書きます。

知らないことについて、学べたり、勉強になったことなどで、感想文を読んでいる人にも役立つ内容があれば、そのことについて、紹介してみるのも良いです。

自分の言葉で、何かを説明するのは大変なので、本文を引用して、紹介することで、本の内容もわかり、自然と自分の気持ちも書き出せます。

全部を紹介する必要もなく、自分が印象に残ったことを紹介して、自分の気持ちを添える形で良いです。

読んだ後の変化した気持ち

最後に、まとめです。

その本を読んで、どう自分の気持ちが変化したのか。

勉強になった内容なのか、ワクワクした物語、悲しい物語、つまらなかったのか。その理由は。

本全体の印象や作者に向けて、メッセージを書くのも良いですね。

そして、本を読んだ後の自分が、これからどうしていくのか、どう行動するか書いておくことで、本の内容をしっかり受けとった自分を表現できます。

まとめ

読書感想で、書いておきたいポイント4点をご紹介しました。

  1. 本との出会い・読むきっかけ
  2. 読む前の気持ち
  3. 読んでいる時の気持ち
  4. 読んだ後の変化した気持ち

上手いことを書こう、たくさん量を書こう、というのは置いておきます。

いかに自分の言葉で、自分の気持ちを書くかに尽きます。

その本を読んだ自分がどう思ったのか。それが感想です。

どんなに幼稚な言葉でも、それが強烈に映ることもあります。

自分の気持ちの変化を追いながら、本を読むと新しい発見もきっとあることでしょう。

合わせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる