9/12〜10/7 Pinocchio展に参加します!

9月12日(水)〜10月7日(日)まで、東京・初台にあるMOTOYA Book・Cafe・Galleryにて、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、小説を出展します!詳細はこちらから。

一文物語集 一行一輝選 二〇一三〜二〇一七ノ百

一文物語集 一行一輝選 二〇一三〜二〇一七ノ百の表紙

2013年から2017年の一文物語ベストセレクション。

約1,700本の中から珠玉の100の一文物語が納められます。

巻末には、収録された一文物語の制作日一覧も載せています。

本は、B6(縦182mm 横128mm 厚み3mm)の冊子。

一文物語集 一行一輝選 二〇一三〜二〇一七ノ百の表紙寄り 一文物語集 一行一輝選 二〇一三〜二〇一七ノ百の1ページ目 一文物語集 一行一輝選 二〇一三〜二〇一七ノ百の見開き本文 一文物語集 一行一輝選 二〇一三〜二〇一七ノ百の裏表紙

一文物語とは

一文で完結する物語集
――それは、たった一文だけで広がる想像の世界

クスリと笑えるものからシュールまで。
どこから読んでも、続きはない。
読み方は自由!

2013年6月28日から毎日一文だけ物語る。

一文物語については、こちらをご覧ください。
>>一文物語365について

本の詳細

サイズ B6(縦182mm 横128mm 厚み3mm)
ページ数 128ページ

著者・DTP
水島 一輝

印刷・製本
ちょ古っ都製本工房

発行日 2018年5月6日

購入

価格

400円

オンラインで購入

別途配送料がかかります。

一文物語集 一行一輝選 二〇一三〜二〇一七ノ百の表紙



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。