水島 一輝 水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。
花火をバックに立つ男自分を生きる

自己否定2018-できなかったことができたのに、理想の自分ではなかったことで、自分を認めることができていなかった。

先日、受けたワークショップで、声を出して、ことばを相手に伝えるワークがありました。 声が、からだから出ていなかったこともあり、いろいろとワークをさせてもらい、良い形になりました。 それがついに、出来て、そうだと言われて、…

女性が歌っているところ自分を生きる

野口体操、息と姿勢のレッスン、声とことばのレッスンを受けて、自分の声とことばは、からだと強くつながっているのを感じた。

2018年5月19日に「からだとことばのレッスン」を受けてきました。 この一週間前に、野口体操という体を揺らして体の力を抜き、心身の緊張をときほぐす体験ワークショップを受けました。 今回は、それにプラスして、声とからだ、…