第二十五回文学フリマ東京に出店します!

2017年11月23日(木・祝)に開催される文学フリマ東京に出店します!一文物語はもちろん、その他に、新時代Web文学表現研究や手製本、小説に関することを展開していきます!詳細はこちらから。

パソコンデスクの高さを調節できるように、IKEAの伸縮式脚とテーブルで机を自作

パソコンデスク

机で、キーボード入力やマウス操作をしていると、肩がこったり、腰が痛くなったりしていた時期がありました。

どうもパソコンデスクの高さが合っていないとわかりました。使っていた机の高さは、72cmや75cmでした。

イスの高さを変えても、あまり楽にはなりませんでした。

自分の体に合わせた机選びが必要になりました。なかなか高さを調整できる机がありません。ありますが、思っているより値段が良い。

私は、IKEAで伸縮式の脚とテーブルの天板を買って、机を自作することで自分にあったパソコンデスクを実現しました。

パソコンデスク

目次

パソコンを使う時の姿勢

どのくらいの高さで、どんな姿勢でパソコン作業をした方がいいのか。

富士通のWebサイト パソコンの利用と健康 2. パソコンを使う時の姿勢 スクリーンショット

富士通のWebサイト「パソコンの利用と健康 2. パソコンを使う時の姿勢 – Fujitsu Japan」
に、パソコン利用時の机の高さやイスの高さ、姿勢について詳しく書いてあります。

肘の角度だったり、足の裏が床についていることで、落ち着いて作業ができること。

目からディスプレイまでの距離や、キーボードの位置なども説明されいてるので、とても参考になります。

自分にあった机の高さを知る

書く作業をメインにして机は作られているため、その多くは、70cm以上のものばかりです。
パソコンデスクとして売られていても、やっぱり70cm以上のものばかりです。

パソコンデスクは、それより低い机がよいようで、
個人の身長で変わってきますが、私の身長170cmで、
パソコンデスクの最適な机の高さは、67cm。

Bauhutte life キーボード作業の場合の机の高さ

机の高さと椅子の座面の高さの関連性 | Bauhütte®

こちらのWebサイトで身長を入力すると、最適な机の高さを計算してくれます。

書き仕事の机と、キーボード作業の場合とで入力フォームが別れていますので、ご注意ください。
パソコンデスクの高さを求める場合は、2つ目のキーボード作業の場合というフォームに入力してください。

IKEAの机の材料

パソコンデスクの下

IKEAの商品をしようすることで、安価に自分に最適なパソコンデスクを作ることができます。

自分で組み立てることにはなりますが、手っ取り早く理想的な机を手に入れることができます。

伸縮式の脚4本と天板で、6,000円程度でした。

OLOVの伸縮式 脚 ホワイト

OLOVの伸縮式脚

高さ60cmから最大90cmまで調整が可能です。回転式なので、回すのがちょこっと大変ですが、簡単に高さを調節することができます。

こちらを4本購入します。4本合わせて、2,000円ほど。

天板と脚

天板と止めるためのネジも付属しています。

最近アマゾンでもIKEAの商品も見かけますが、値段が高く設定されています。
IKEAの店舗で購入したほうが安いと思います。

LINNMON の天板

パソコンデスクの高さ

天板の大きさは、長さ: 120 cm 幅: 60 cm 厚さ: 3.4 cmのものを使用しています。

高さは66cmにしています。私の最適な机の高さは、67cmでしたが、まだ肩が張る感じがしたので、低くしました。伸縮式の脚なので、バッチリ調整できます。

天板の色や素材にいくつか種類があるので、実際に店舗で確認してみるのが一番です。

伸縮式の脚と組み合わせるため、天板の裏にはネジ穴が空いているので、脚のネジもあまり苦労せずに入れられます。

電動ドライバーがあったら、かなり楽になりますね。

まとめ

パソコンデスクとイス

引き出しなど物をしまうものは、ついていませんが、パソコンデスクだけ欲しい。

でも、いいものがない。ならば作ってしまえ、ということで高さ66cmを実現したパソコンデスク。

これで、肩こりも腰の痛みも軽減されました。

ただ、安定性の部分で、キーボードをガシガシ叩くと机が揺れるのが惜しいなと思っているところ。

とはいえ、不満よりは満足度の高いパソコンデスクです。

パソコンデスク




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。