ロジクールのWebカメラ「C922n」の設定アプリ「Logitech G HUB」(Logicool G HUB)

URLをコピーする
URLをコピーしました!

リモート用にWebカメラを購入しました。

ロジクールの外付けカメラ「C922n PRO HD STREAM WEBCAM」。

このカメラを設定、調整するアプリ「Logitech G HUB」の設定方法をご紹介します。

目次

カメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

Logitech G HUB」は、ロジクールが出しているゲーミングデバイスを設定するアプリ。

その中で、Webカメラの設定もできるアプリです。

私はMacで使用しています。

Camera Settings」というアプリもロジクールから出ていますが、こちらは簡単な設定のみができるアプリ。

Logitech G HUB」アプリのほうが、しっかり調整できるので、私はこちらを使っています。

ただ、ダウンロード場所と設定がひとくせあるので、解説していきます。

「Logitech G HUB」アプリのダウンロード

「Logitech G HUB」アプリをダウンロードします。

使用している製品のロジクール製品ページへ行きます。

今回は、使用しているWebカメラのロジクール公式Webサイト「C922n」製品ページに行きます。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」ダウンロードページ

製品ページの下方へスクロールし、サポートタブをクリック。

すべてのダウンロードを表示をクリックします。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」ダウンロードページ

ダウンロードページに移動して、しばらくページが読みこまれるのを待ちます。

Logitech G HUB」のダウンロードボタンが表示されるので、インストーラーをダウンロードします。

その後、インストーラーの指示に従って、インストールしてください。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」制御許可

インストールの際、アプリケーションの許可を求められるので、アプリにチェックを入れてください。

私は、2箇所許可する必要がありました。

インストールすると、アプリの名前が「Logicool G HUB」になるのは謎です。

設定:新しいプロファイルを作ってカスタマイズ

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

デバイスをパソコンに接続しておくと、デバイスが認識されます。

赤枠部分をクリックして、カスタマイズ用の新しいプロファイルを作成していきます。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

プロファイルのをクリックします。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

赤枠部分をクリックして、プロファイル名を入力します。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

今回は、「iMac」と入力してプロファイルを作成しました。

作成した「iMac」プロファイルをクリックします。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

「iMac」プロファイルがアクティブになります。(赤線)

そして、赤枠のデバイスをクリックします。デバイスの設定画面に移動します。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

「カメラモード」がデフォルトのままだと、設定値を変更できません。

新しい「カメラモード」を作成していきます。赤枠のデフォルト部分をクリックします。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

+新しいカメラモードを追加をクリックします。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

新しいカメラモードに、名前をつけます。赤枠部分をクリックすると、名前が変更できるようになります。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

今回は、「リモート用」と名前をつけました。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

左側の設定値が白色になって、スライダーで調整できるようになります。

露光量を上げたので、顔が明るくなってはっきり見えるようになりました。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

ビデオフィルターも設定することが可能です。同じく新しくフィルターを作成する必要があります。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

+新しいフィルタを追加をクリックして、フィルタ名をつけてください。(ここでは手順をはぶきます)

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

また、「Logitech G HUB」全般の設定は、トップ画面の右上歯車から設定できます。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Logitech G HUB」

デフォルトで、ログイン後に起動するにチェックが入っています。私は、チェックをはずしました。

Webカメラを使用するときだけ、「Logitech G HUB」アプリを立ち上げるようにしています。

「Camera Settings」のダウンロード

ちなみに、Webカメラ設定の簡易版アプリ「Camera Settings」のダウンロード場所。

ロジクールWebカメラ設定アプリ「Camera Settings」ダウンロードページ

製品ページから、ダウンロードページへ移動した場所の下方にあります。

複数あるアプリの下側にダウンロードボタンが隠れています。

スクロールして、「Camera Settings」を表示させてみてください。

まとめ

Logitech G HUB」アプリで、Webカメラ「C922n」の設定や調整を行えるようになりました。

ビデオ通話するときに、このアプリを通すことでカメラ映りを調整することができます。

自動設定で、きれいに表示されない場合は試してみてください。

あわせて読みたい
ロジクールのWebカメラ「C922n」ミニ三脚つきで使い勝手がイイ! リモート用にWebカメラを購入しました。 ロジクールの外付けカメラ「C922n PRO HD STREAM WEBCAM」。 パソコンはiMacを使っていて、Webカメラはついています。ただ、位...

ブログ・サポートsupport

ブログコンサルティングサポートサービス

ブログを継続的に発信していくサポートを行っています。

ブログのお悩みや技術的なことを相談できます。

WordPressブログのコンサル・運用サポートプランもあり、メンテナンスやトラブルにも対応します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる