MENU
プロフィール背景画像
水島一輝の画像
水島一輝
小説家・ブロガー
当サイト『水輝亭』を運営している水島一輝(みずしー)です。

フリーランス/Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/東京都在住

2018年末までの5年半、毎日一つ、一行だけで完結する一文物語を作り続けていました。
現在、当サイトでファンタジー小説を連載しています。

想像力が人生を豊かにするがモットー!
水島一輝をサポートできます!

IKEAの伸縮式脚(OLOV)の内部から聞こえる音をなくす方法!

以前、高さの変えられるパソコン作業用机を自作しました。

IKEAで販売されている天板と伸縮式の脚で作りました。

伸縮式の脚は、OLOVというタイプのもの。

しばらく使っていると、いつからか、机のちょっとした揺れで、脚の内部からカタカタと金属音がするようになりました。

小さな音ではあるのですが、私は音に敏感なため気になって集中できません。

何度も脚の位置を変えてしめ直しても、音は鳴り続けます。

仕方なく、以前使っていた高さの変えられない机に戻してみたりしました。

しかし、やはり高さが合わないと姿勢が疲れてしまい、集中できず。再度、伸縮式の脚の机に戻しました。

そして、音の鳴る原因を突き止め、振動が伝わっても脚から音がしなくなりました。

その原因と解決方法をご紹介!

目次

脚の内部のワッシャーとバネの間にスポンジを挟む!

IKEAの伸縮式脚(OLOV)の天板部分

天板に取り付けてあっても、脚部分を回せば、天板の部品から外すことができます。

IKEAの伸縮式脚(OLOV)

OLOVの伸縮式の脚は、目盛りが打ってある高さ調節する内側の脚をゆるめてゆるめて、引き抜くことができます。

IKEAの伸縮式脚(OLOV)の内部

引き出した脚の上部に、バネとワッシャーがあります。

IKEAの伸縮式脚(OLOV)の内部

高さを固定する際に、黒の部分が回転して下方に降りることで、位置が固定される仕組みのようです。

IKEAの伸縮式脚(OLOV)の内部

固定された際、バネが伸びていくのですが、どうもバネの伸縮性が弱まっていた様子。

上部のワッシャーをしっかり押さえつけられておらず、脚に振動が伝わると、このワッシャーが揺れて音が鳴っていました。

IKEAの伸縮式脚(OLOV)の内部にスポンジを挟んだところ

そこで、ワッシャーとバネの間にスポンジを挟みます。

円形のスポンジ
円形のスポンジを半分にカットしたところ

このスポンジは、CDメディアを固定していたもの。たまたま良さそうなものがあったので、半分に切って挟み込みました。

IKEAの伸縮式脚(OLOV)の内部にスポンジを挟んだところ

ワッシャーとバネの間に挟まれば、ものはなんでもいいと思います。

たったこれだけで、バネが伸びてもしっかりワッシャーが固定されます。

これで、音が鳴らなくなりました。自分の背丈にあった高さの机で作業できるのは、とても心地よいです。

まとめ

IKEAの天板と伸縮式脚(OLOV)で自作した机(2020年6月の状態)
2020年6月下旬の机の様子

OLOVの伸縮式の脚が揺れて、中から音がする場合は、内部のワッシャーをスポンジで固定すると、音がしなくなる。

音が気にならないなら、そのままでも良かったのですが、音がしなくったことでより快適に作業できるようになりました。

もし、同じ脚を使っていて、音が気になったら、試してみてください!

合わせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる