有料マガジン 一文物語365 蜜缶 について

2019 10/29
有料マガジン 一文物語365 蜜缶 について

2017年6月28日に、一文物語は4周年を迎えることができました。

あらためて、いつも読んでいただきありがとうございました!

4周年で書いたブログ記事で、お知らせしておりますが、一文物語5年目の挑戦として、一文物語を有料マガジン化に移行いたします。

有料マガジンについてのお知らせです。(現在は、有料マガジン配信を終了しています)

目次

note継続課金マガジン

有料マガジンタイトル「一文物語365 蜜缶」

noteというサービスを使用して、マガジン配信いたします。

noteアカウント作成をし、一文物語有料マガジンをご購入していただくことで購読することができます。

2017年7月1日より配信を開始いたします。(現在は、有料マガジン配信を終了しています)

一文物語365 蜜缶
https://note.mu/kazuki_mizuc/m/m5d47d3966054

水島のnoteアカウント
https://note.mu/kazuki_mizuc

配信内容

  • 一文物語本文
  • 挿絵
  • あとがき

今までと変わらず、一文物語を毎日配信していきます。

挿絵も付きます。内容によってはない日もありますが、ほぼつける予定です。

その日の一文物語についてのあとがきを書きます。

あとがきには、着想だったたり、創作方法など書いていきます。当ブログで試験的に書いていましたので、参考ください。

一文物語365 あとがき一覧へ

今後は、7月1日よりマガジンのみでの配信になります。

またマガジンのコメント欄は、公開設定にしておくので、気軽に感想などいただけたら嬉しいです!

価格

月額350円です。

購読のお支払には、クレジットカードと携帯電話のキャリア決済が可能です。
noteのヘルプを参照

マガジンを購入していただくと、メールで配信もされるので、メールでも読むことができます。

(現在は、有料マガジン配信を終了しています)

一文物語のアーカイブ

日々の更新は、マガジンで。

その後、日にちをおいてひと月分にまとめて、当サイトの一文物語 蜜集で公開しようと考えています。

その際は、水島のTwitternoteFacebookページでお知らせいたします。
フォローしておくと、便利です。

一文物語 蜜集は、月ごとに過去の一文物語をまとめています。

手製本制作やイベント出店

引き続き、手製本糸かがりはん・ぶんこも作り続けてまいります。

制作状況やその過程も、都度都度更新していきます。

また、文学フリマなどイベントにも出店していきたいと思っています。

近くイベント日程が決まりましたら、お知らせいたします。

今後とも、一文物語をよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
目次