3-13.ナイアの奈落 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第3章 ピラミッド島の腐死蝶 13.ナイアの奈落
前書き

セリカ・ガルテンに戻ってくるも、デフトが襲来する。明日架の指示のもとツバメが、ほとりを安全な場所へ。

しかし、ほとりは、ツバメの企みを聞かされ、奈落へ突き落とされる。

目次

伏せられた理由

 砂漠のゲート岩をくぐると、少し湿った空気が懐かしく感じられた。

 爆発の影響か、ゲートの岩が斜めになって、完全に閉まりきらず、明日架はツバメに見張りを立てて監視するよう指示をした。

 石庭の去り際に、一匹の蝶が岩の上に降り立つのをほとりは見た。

 ララやユーリ、ケイトらは、セリカ・ガルテンのいつもの日常へ戻っていった。

 ほとりとマノンは、生徒会室で、ピラミッド島での出来事を報告した。

 そして、ほとりは、自分のルサルカの力を、最後の最後まで伝えるべきか迷った。しかし、隠しても意味はないと正直に告げた。

「そうか。気づいたミズホさんに聞かされたか」

 明日架は、視線を落として静かに言った。

「予言の子と、ルサルカがどう関係あるんですか。なぜ、ルサルカ派ではなく、インボルク計画に引き入れたんですか」

 ほとりは、思ったことを口にした。

 明日架は、海の怒りを描いた青い絵に目を向けた。

 大量の水が暴れて、ありとあらゆるものを破壊して流していくと、明日架が語った。水が去ったあとは、ただの残骸と無念さだけが残って、生きる気力すらなくなったと。

「二度と、そんな光景を見たくない」

 明日架のその一言に、ほとりは黙った。明日架もここに来てしまった理由がある。

 ――だからって、インボルクの浄火がいいのか。

 しかし、それぞれの過去や思いを完全にくみ取れていなかったほとりは、反論を口にはしなかった。

 ほとりがルサルカの力を持つことは、今まで通り伏せることになり、インボルクの浄火を知るマノンは、清水級管理下扱いとなった。

 マノンは、ただ静かに頷いただけだった。

 その後、夕食まで、ほとりは部屋で休んでいた。

 インボルク計画は、明日架が自分の理想水郷を作るために進めているもの。それは、ほとりの島ではないと、頭の中では理解していた。

 予言の子として、力を秘密にされたことが納得できなかった。包み隠さず、しっかり説明してくれていたとしても、計画に賛同していたかはわからない。

 ほとりは、裏切られたように心が痛かった。

腐死蝶の襲来

 寮の食堂での夕食。ほとりは、ユーリやララとともに、久しぶりに賑やかで味のある食事をとっていた。

 並びの席で、マノンも明日架やツバメらとともに食事をしていたその時、一匹の蝶がツバメのもとに降り立った。ツバメが急に立ち上がり、明日架に耳打ちをした。

「みんな、食事はここまでだ。緊急事態だ。すぐに部屋に戻って、指示あるまで待機してくれ」

 せき立てるように明日架の声が食堂内に響き渡った。

 一同は、何ごとか理解できず、すぐには動かなかった。

 しかし、食堂の入り口から悲鳴が聞こえてきて、空気が凍った。早くに食事を終えて外に出ていた生徒だった。

 それをかわきりに、椅子や机がずれる音が響き、いっせいに食堂を出て行く者たち。

 すぐに、流れは逆流し、食堂に戻ってくる。

 ボロボロの羽の腐死蝶デフトが、侵入してきた。

 明日架は、テーブルにあった水の入ったコップをデフトに投げつける。

「ジョーズイージョーズイー」

 黒い煙を上げ、ほとりを目指して進んで来る。

「ツバメ、ほとりをあそこに。清水級は、水を集めて、デフトを食い止めろ」

 ほとりは、ユーリとララの背中が視界を遮った。

予言の泉

「こっちへ」

 ほとりは、ツバメに手を引かれて食堂の裏口から外へ出た。ほとりを抱えて、デフトのいない学舎の裏側から三階へ飛び、生徒会室に入った。

 明日架の机を押しのけたツバメは、現れた床の蓋を開けた。

 ほとりはツバメに抱えられて、穴を降下して行った。

 ピラミッドの降下路を降りていくより長かった。進めば進むほど、空気がひんやりしていき、やっと足がついた。

 そこからまっすぐに洞窟が伸び、ツバメの後ろをほとりはついていく。

 水の流れる音が大きくなり、ドーム状にひらけた場所に出た。泉に注ぐ滝が底にはあった。

「こんな地下に、滝が……」

「ここまで来れば、デフトにも気づかれないでしょう」

「私だけ、ここに来て良かったんですか」

「会長の指示ですから。それにここは、清水級でも一部のものしか知らない場所。

 ウンディーネの泉。新しい島の誕生が予言された場所」

「予言の……」

「そして、ルサルカの力をもつシュメッターが来ると予言された泉。でも……」

 ツバメは泉の縁を歩き、滝の裏へと消える。

ツバメの企み

 ほとりも水しぶきをわずかに感じて滝の裏へ入った。

 奥まったところにツバメが立っていた。

「あなたがインボルク計画に選ばれることになり、私はベレノスの光を扱うシュメッターから外された。会長は、私を見放し、あなたをとった」

「えっ、会長は、ツバメさんを頼りにしているとしか、私には見えませんよ」

 ほとりは、思いも寄らぬ話で、苦笑いした。

「インボルク計画は、私の姉の計画。会長もそれに賛同していた。しかし、一人で計画を行った姉は失敗し、死んだ。

 あなたが、ピラミッドに辿り着かなければ……。

 あなたが、囚われたシュメッターに助けてこなければ……。

 あなたが、予言されなければ、私は、会長とともに理想水郷を作り上げられたのに……」

「私が……」

 ほとりは心臓を握られたように苦しく、しかし、腹の底で熱く煮えだすものを感じていた。

「飛べないくせに、上手く立ち回って、結果を出すあなたが嫌い。すぐに諦めてくれれば、姉は死なずに済んだのに」

「ツバメさんの気持ちは、言われて初めて知りました。理解しろと言われても難しいですが、わざわざここで言わなくてもいいじゃないですか。

 それに、今、セリカ・ガルテンの状況をわかって言ってるんですか」

 ほとりは、いつの間にか拳を握りしめていた。

「えぇ、わかっています。むしろ、こうなることを望んでいたくらいよ。あなたを二度と地上に戻らせはしない。

 あなたが二つの島から連れてきたシュメッターは、海の怒りを呼び起こす十二の精霊のうちの二人。

 会長は、海の怒りを呼び起こすシュメッターをインボルク計画配下に置き、コントロールしておきたかった。

 あなたの力をルサルカ派に知られるのはまずいから、静かにしててもらうため」

「私がまた戻ってこなければ、ララやユーリが私を探してくれる」

 ほとりは、はったりを言ったが、そう願う。

「時期に、ベレノスの光を手に入れる月の晩が訪れる。それにあわせて、新しい島も誕生する。

 その時に、あなたがいなければ、私はそれでいい。会長は、必ずまた私を求めてくれる。

 ともに同じ光を放ち、一体となってウトピアクアを作る」

「私が大人しくずっとここにいるとでも思っているの?」

「ここで大人しくしててもらおうとは思っていない。あなたは、ナイアと同じように、奈落へ葬られるのよ」

 ツバメは、急にほとりをつかんで引っ張り、自分の位置と変わるように回転して、突き放した。

 ほとりは、よろめいて足を後ろに突き出すが、そこに受け止める地面はなかった。

 空いた穴にほとりは落ちる。

 とっさに伸ばしたほとりの手が、穴の縁に引っかかりるが、指一本でも動かせば外れてしまう。

「最後まであがくのね。でも、飛べないあなたは、二度と上がって来れない。

 ここに落とされたナイアは、二度と姿を現したことはないと聞く」

 ほとりは、羽を出したかったが、手の動作がなければ出すことができない。しかし、手を放すことはできない。

「インボルク計画は、会長と私で実行するから、浅葱ほとりは、用済みよ」

 ツバメに指を踏みつけられると、痛みと同時に、穴の縁にかけていたほとりの指が放れた。

 ほとりは、引きずり込まれるように真っ暗な穴へと落ちていった。

 

 第3章 ピラミッド島の腐死蝶 終わり

第4章 地底ミクトランの天姫
Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第4章 地底ミクトランの天姫 1.光の住処

4-1.光の住処

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第3章 ピラミッド島の腐死蝶 13.ナイアの奈落

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちらから!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
上へ
目次
閉じる