4-11.地上への道 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

2019 7/26
4-11.地上への道 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]
前書き

ナイア像の部屋の隠し扉から、地上への道を進むほとりとクォーツは、水が止まるのを待った。

水が出ていた穴にベレノスの光を置くか迷う。突然、その穴が塞がり、二人の進む道は……。

目次

裏道の真実

 クォーツに連れられて、ナイア像の裏側へ回った。

 四角い部屋の中央に像が立っているだけで、特に目につく物は何もない。

 クォーツは、クリスタル張りの壁を押す。

 長方形に切り抜かれたかのように壁が開いた。クリスタル張りで、しっかり目をこらされなければ、その境目はわからない。

 その先は階段になっていた。

 クォーツは、何の迷いもなく降りていく。ほとりも後を追った。

 階段を降りると、狭い洞窟が伸びいた。ところどころクリスタルが生え、光を放っていて、暗くはない。

 ほとりが抱えたベレノスの光とクリスタルは呼応し、まるで光が息をするように強く光ったり、弱まったりしている。

 クォーツの背中を見ながら進んでいくと、だんだんと勢いよく流れる水の音が聞こえてきた。そして、水が壁の穴から道を挟んで、向かいの壁の穴の中へと流れている場所へ辿り着いた。

 水の流れていく方からは光が差し込んでいる。

「向こうがテクリートのいる広場」

 ほとりは、光が差し込んでいる穴を指差した。

「そう。ここで私は水が引くのを待たされていた。でも、あっちにほとりがいるんだって思ったら、いてもたってもいられなくなって、水に飛び込んでた」

 クォーツは、他人事のように笑った。

「水の勢いだって強かったし、そんな危ない真似を」

「だって、早く行かないと、ほとりと会えなくなると思って」

「だからって――」

 ほとりはそこで言葉を止めた。

「なに?」

 クォーツが聞いてきた。

「……クォーツだって、見た目と違って、大胆な行動するよね」

「ほとりほどじゃないよ」

「私は、クォーツほどでもないから」

 二人は黙って見つめ合った。

 そして、どちらからともなく笑いがこみ上げた。洞窟内に二人の笑い声が響き渡った。

光の置き場

 声を沈めると、圧倒的な静寂に包まれた。

 水は細い筋を作る程度で、ほとんど止まりかけていた。

 奥へ目をやると、水の流れに遮られていた地上へ行けるとされる道が伸びていた。

 左右の壁は、ぽっかり穴が空いている。

 ほとりは、左側の穴を覗いた。すっかり水の引いた納天姫祭の広場が見えた。そこからは、テクリートの姿を見つけることはできなかった。

「ほとり」

 クォーツは、水が流れ出てきた穴の中をのぞき込んでいた。ほとりものぞき込むと、穴がずっと上に続いているように見えた。しかし、途中から真っ暗になってはっきりとはわからなかった。

「ここにベレノスの光を置いておくんだね」

 しかし、ほとりの問いにクォーツは答えず黙った。

 クォーツがベレノスの光を地上へ持って行くべきか、ここへ置いていくか考えているように思えた。

 カラ、カラ、コツ、コツ……と小さな音がどこからか聞こえてきた。

「ほとり――っ」

 ほとりは、突然クォーツに突き飛ばされるようにして、倒れ込んだ。

 その瞬間、強い衝撃とともに土煙が舞い、爆発音にも似た音が耳をつんざいた。

地上への光

 倒れたほとりは、背中の水の羽がクッションになった。しかし、抱えていたベレノスの光が、覆い被さってきたクォーツに押され、腹部にめり込んだ。

「痛い」

「ごめん、大丈夫?」

 クォーツがすぐに体を起こした。

「う、うん、平気。いったい急に――」

 クォーツの背後を見たほとりの表情が固まった。クォーツも振り向いた。

 二人は言葉を失った。

 目の前が壁になってしまっていた。二人が見ていた水の通っていた穴すら見当たらず、神殿へ向かう道は失われてしまっていた。

「何が起きたの……」

 ほとりが言った。

「広場の方から、崩れたがれきが穴を塞ぐように元に戻っていたのが見えた。そして、テクリート様が元の石像姿になって壁に向かってきていた」

「この壁は、その石像の……。水をここでせき止めていたんだ」

「そうみたいだね」

 クォーツは立ち上がって、今今できあがった壁に触れた。

「私たちがここにいても、納天姫祭のように、反応しないね」

「生け贄を食べたら、しばらくはずっと石像のままなのかも。水を貯めるために」

「ねぇ、私たち、どっち側にいるの?」

 ほとりは辺りを見回して聞いた。

「たぶん、地上への道側だと思う」

 差し伸べられたクォーツの手を取って、ほとりは立ち上がった。

 二人は閉ざした壁に背を向ける。クリスタルの光が二人を導くかのように、道が続いている。

「行こう」

 クォーツが言うと、前を歩き出した。

 洞窟は、わずかな上下の勾配はあったが、ほぼ平坦で、地上に向かっているようには思えなかった。かといって、神殿に戻る道でもなかった。

 この地底がどのくらいの深さにあるのかはわからない。地上に出れるまで、どのくらい時間がかかるかもわからない。

 長くなる旅の準備はほとんどしてこなかった二人は、飢え死にするのではないかと不安を募らせた時だった。

 クリスタルとは違う七色の光が先に見えてきた。

 洞窟の穴を塞ぐように、光のカーテンが揺らいでいた。

「そういうことか……」

 ほとりは安堵して言った。

「えっ、どういうこと? これ以上先に進めないの?」

 焦るクォーツにほとりは笑顔を見せた。

「これは、別の場所とつながっているゲート。これをくぐれば、地上に出れる」

「体が消えちゃったりしない?」

 初めて見るその光にクォーツは不安を抱いていた。

「大丈夫。私、何度も通ってるから」

 ほとりは、クォーツの手を握り、ゲートの前で立ち止まった。

「一緒に行くから、大丈夫」

 二人は、同時に七色の光のカーテンの中へ入っていった。

 

第4章 地底ミクトランの天姫 終わり

第5章 怪奇な森の従属蝶
Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第5章 怪奇な森の従属蝶 1.森の洗礼

5-1.森の洗礼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
目次