4-2.地底の蝶人 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第4章 地底ミクトランの天姫 2.地底の蝶人
前書き

ナイア像の手には、ベレノスの光があった。それはナイアの怒りが閉じ込められていた。

そして、蝶人てふとと明かしたクォーツから、地上の話を聞きたいと、ほとりは誘い出された。

目次

インボルクの浄火の真実

 ナイアのクリスタル像は、左手の手の平を上に向けている。

 その手の上で、六角柱のクリスタルが光を放ちながらゆっくりと回転していた。

 それを見たほとりは、それと同じ形の物が、死する前のミズホの胸にあったことを思い出した。ただ、ミズホのそれは、目の前にある物よりも小さかった。

「地上の蝶人よ。もう気づいてはおろうが、あれがベレノスの光だ。ナイアの怒りが火となって、閉じ込められている」

 アダマースが言った。

 よく見ると、クリスタルの中で炎が揺らいでいた。

「え――インボルクの浄火は――ナイアの怒りの――火なんですか……」

 一言ずつ言い進めるほとりは、自分が何を言っているのかわからなくなっていった。

「あぁ、そうだよ。インボルクの浄火は、地上から落とされたナイアと、我々の地底人類による地上への復讐だ。

 君も見たのだろ、ベレノスの光の力を」

「はい」

「そして、ベレノスの光を使った者の最後も」

「はい……」

 ほとりは視線を落とした。

 ――それが、地上への復讐。インボルク派とルサルカ派と分けていたのは、なんだったの。

 クリスタルの床にしっかりと焦点を合わせれば、沈んだ表情をする自分の顔さえ見えるほどだった。

 しかし、疑問が浮かんだほとりは、顔を上げた。

「なぜ、地底にあるベレノスの光が、地上に?」

 ほとりが聞くと、アダマースが向き直った。

二泊にはく後の納天姫祭のうてんきさいで、確認してもらうのがいい。そこでは、クォーツが大事な役目を追っている。

 クォーツ、君のも見せてやりなさい」

「はい」

 目を閉じたクォーツは、アダマースに軽く頭を下げた。すると、クォーツの背中に、真っ白な蝶の羽が出現した。

 ほとりは、目を丸くし、羽の生えた少女とだけ理解して、頭の中が真っ白になり、意識を失った。

 地底に来てから、地上では考えもしなかったことが起こり、ほとりの思考の限界を越えてしまっていた。

クォーツ・ロック

 ほとりが目を開けると、白い天井が目に入った。

「あれ、私……」

 ほとりは額に手を当てた。ほとりは、寝台に寝かされていた。

「目が覚めましたか」

 背中を向けていたラーワが、部屋の隅から近づいてきた。

「だいぶお疲れのようで、このままここでゆっくりしていってください。

 もし、ご用がありましたら、外を通るものに声をかけてください。では」

 ラーワは部屋を出て行った。ほとりは、辺りを見回した。

 小さな机の上にガラスの瓶が立っていた。

「あっ」

 ほとりは慌てて起き上がり、机の上の瓶を手に取った。ほとりの唯一の持ち物、肩に掛けていた水筒だ。

 それを胸に押し当てて、目を閉じた。次に目を開けたら、祖母の小屋の中に戻ってと願った。

 そっと目を開けると、その願いはどこにも届いてはいなかった。

 ガラス瓶の水筒が、いつもより輝いているように見えると思った時、声がした。

「目、覚めた? 大丈夫?」

 窓の外、ガラスのように遮るものはなく、そのまま外に出れるようになっていた。そこに羽を生やしたクォーツが立っていた。

 先の白装束とは違う白い羽織を身にまとっていた。

「クォーツさん」

「クォーツ・ロック。クォーツでいいよ。ほとりだっけ」

「はい」

「ね、地上の話を聞かせて」

 アダマースやラーワといた時とは違って、目を輝かせて笑顔だった。

「クォーツ、いえ天姫様。勝手に神殿に入られては困ります」

 窓の外から声が聞こえてきた。ほとりは窓に近づき、外を見ると、階の建物の上にいることがわかった。

「もううるさいな。静かなところで話を聞かせてくれない?」

 クォーツに爛々と見つめられたが、ほとりは悪い印象を抱かなかった。むしろ、聞きたいこともあったから都合がいいと思って、頷いた。

「さ、行こう。いろいろ地上のこと聞きたくってさ。地上には、テンキというものがあるんでしょ? 水を降らせたり、光が熱かったり」

 ほとりは手を握られて、クォーツに勢いよく引っぱられた。

「待って。私、羽はあるけど、飛べなくて」

「あ、そうだったね」

地底の町

 クォーツは、思いの外慣れたようにほとりを抱えて、部屋から飛び上がった。

 神殿の外を見張っていた男たちの声はすぐに聞こえなくなり、地底空間に広がる町並に視界を奪われた。

 そこは、ぽっかりと空いた大きな空間だった。神殿は高い丘の上にあり、白い世界が広がっていた。

 家の屋根も壁も道も白かった。

 しかし、天井だけは土がむき出しだった。それを支えるかのような太い柱が何本も立っていて、それらはクリスタルの柱で、地底空間を照らしていた。

「ここは、ミクトラン光帝のお膝元プロフォンドムという町。

 ミクトランは、三つの大きな街に分かれているの。左右に見える大きな岩壁の先にも町がある」

 扉が半分開けられているように、地面と天井がつながった大きな壁で、区域が分けられていた。

 人としての繁殖が確実にあり、町を人々が行き交っていたが、飛んでいる者はクォーツとほとりだけだった。

 子供たちが笑顔で手を振っていた。

 クォーツが手を振ってあげてと言うので振ると、子供たちはさらに笑顔を返してくれた。

 ほとりは、人々を見る限り幸せのように思えた。しかし、茶色い天井に閉じ込められたここが息苦しくも感じた。

 ――ここから地上に戻る手段はないのか。戻りたい。

 クォーツに連れてきてもらった場所は、ちょうど神殿の真向かいに当たる高い岩壁の上だった。

 洞窟の入り口が静かに口を開けていた。入り口の周囲から中へ向かって、小さなクリスタルが苔のように生えている。

「ここは」

 ほとりが聞いた。

「クリスタルの廃坑。ここにいくつもこういう穴があるの」

 クォーツは、洞窟の中へ入っていった。ほとりもあとを着いて穴の中へ入っていく。

 クリスタルが道案内をするかのように、奥へ向かって光が流れていった。

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第4章 地底ミクトランの天姫 3.地上と水と命と

4-3.地上と水と命と

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第4章 地底ミクトランの天姫 2.地底の蝶人

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちらから!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
上へ
目次
閉じる