4-4.ガラス瓶の光 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第4章 地底ミクトランの天姫 4.ガラス瓶の光
前書き

ガラス瓶とクリスタルは、同じように発光し、クリスタルから作られたものだとクォーツが言う。

元の世界とを繋ぐ希望を抱いたほとりは、クォーツを地上に連れて行こうと決心する。

目次

クリスタルとガラス瓶

 ほとりの光輝くガラス瓶をクォーツがまじまじと見つめた。

「水筒として使ってるんだけど、元の世界で、おばあちゃんちで見つけた時、突然光り出して、気づいたらこの世界に……」

 ガラス瓶が光っているせいか、クォーツの目がキラキラしていた。

「これって、クリスタルでできてると思う」

「クリスタルで?」

「そう」

「それはないと思うけど」

「ちょっと貸して」

 ほとりがガラス瓶を手渡すと、クォーツは近くのクリスタルに近づけた。岩から生えるクリスタルが光ると同時に、ガラス瓶も光った。

 岩のクリスタルをただ反射したようには見えず、ほとりも顔を近づけた。

 天井や地面に生えたクリスタルと同じタイミングで、ガラス瓶も光っていた。

「これが、もともとほとりのいた世界にあったってことは、地上に行けて、ほとりのいたの世界に行けるってことだよ」

 ――まさか。

「元の世界に戻れるってこと?」

「そうだよ。だって、地上にクリスタルはないでしょ?」

 ほとりの心奥底で消えかかっていた希望に光が灯った。だが、目の前で明るく話すクォーツの目の奥は暗かった。

「その中に、地上の水があるよ。飲む?」

 ほとりがクォーツに言った。

地底の水

 クォーツの家は、町の端、壁際にあった。

 家は土塊を固めて作って、白く塗られた簡単な作りだった。それは、どの家も変わらなかった。

 クォーツは、父と母、そしてほとりより年下に見える弟がいた。両親は、ほとりの両親よりも若かった。

 今日が家族で過ごせる最後の泊にも関わらず、ほとりは温かく迎えられた。クォーツが、納天姫祭のうてんきさいを前に地上人と出会えたことは、幸運だと父から言われた。

 ほとりは簡単に地上人だと認められたが、家族はそうでも思わなければ、娘との別れに笑顔なんて見せていられないだろうと思えた。

 土を盛り上げて作られた床座りのテーブルには、料理とおぼしきものがたくさん並べられていた。

 どれも茶色く、見たことのない料理ばかりだった。地底の動物と思われる肉やスープ、案の定、土臭く、ほとりの口には合わなかった。

 水は貯め置いた水らしく、生くさい。地底にある水の残りも少ないという。地底の民は、納天姫祭を待ち望んでいる。

 ほとりは、料理にほとんど手をつけることができずに謝った。

 食事の終わりにほとりは、ポケットから三つの小さな丸い固形物を取り出した。その一つを指で押しつぶして、コップに入れた。

 溢れんばかりに、コップが透明な水で満たされた。クォーツたちは回し飲み、すぐに空になった。彼女らは、とてもすがすがしい顔をしていた。

「地上にも水のおいしい場所があるのか。我々も行ける時がくればいいが……」

 しかし、クォーツの父の言葉は重かった。

 ほとりは、食事に招かれたお礼に固形化した水の残りを渡した。

「奇跡か偶然か。地上を夢見ていたクォーツのために会ってくれてありがとう。

 最後の最後に、夢に近づけたと思う。これで、我々も娘を天姫あまひめとして送り出せる気持ちになった」

 居間から見送られる時に、ほとりは父親から言われたが、返せる言葉はなかった。

二人の決意

 クォーツの部屋で、ほとりとクォーツは並んで横になっていた。

 四角くくりぬかれた窓に布をし、外からの光を遮っていて、部屋は薄暗い。

「私のわがままに付き合ってくれてありがとう。悔いはないって言えば嘘になるけど、ほとりと出会えて、地上のことを聞けて、地上の水も飲めた。

 すごい満足してる。

 だから、ミクトランの民のためにも、しっかり天姫をまっとうしようと思う」

「クォーツ……本当に?」

 すぐに返事はなかった。

 ほとりは、横を向き、クォーツを見た。

 一筋、涙がこぼれていた。

「いままで選ばれた天姫がやってきたことを私もするだけ。たったそれだけで、民が救われ、地上へ祈りを届けられるから」

 クォーツは、力んで声にした。

 本当は死にたくない。

 生きて、地上に出たい。

 でも、それは絶対に叶わない。

 ほとりには、そう叫んでいるようにしか聞こえなかった。

 ――私は、クォーツを助けたい。これは、明日架先輩からの指示ではない。私の意志。

 しかし、今すぐ助ける方法は思いつくはずもない。地上に行く道さえ、探し出せるかもわからない。

 それでも、ガラス瓶がここで作られた物に限りなく近いと、ほとりには思えた。にわかに信じられないけど、元の世界へ、地上にだって行く方法がきっとどこかにある。

 明日架やツバメも知らない元の世界に戻れる方法が、あのガラス瓶に隠されているのではないかと、ほとりはそんな気がしていた。

 ――もし、地上に行けても、理想水郷の争いにクォーツを巻き込みたくはないな。

 ――かといって、このまま私がなにもしなからったらクォーツも私も。

 ほとりは、明日、どれだけ自分が動けるかで、運命が分かれると悟った。

 翌泊、ラーワと神官数人が、クォーツを家まで迎えに来た。

 周囲の家からもそれを見送ろうと、多くの人が見守っている。

 クォーツは、毅然と立ち、家族に別れの挨拶をした。

 しかし、残される家族は涙し、言葉にならない声を押し殺し、笑ってその背中を見送っていた。

 クォーツの姿が見えなくなると、母親がその場に崩れるようにしゃがみ込み、悲鳴を上げるかのように泣き叫んだ。地底全土に響き渡るかのように。

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第4章 地底ミクトランの天姫 5.交換条件

4-5.交換条件

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第4章 地底ミクトランの天姫 4.ガラス瓶の光

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちらから!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
上へ
目次
閉じる