5-10.森開き [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第5章 怪奇な森の従属蝶 10.森開き

大樹王の祈りが届き、森は大人しくなる。そして、セリカ・ガルテンへのゲートが開かれる。

ほとりとクォーツは、セリカ・ガルテンへ戻ることができたが、奇妙な雰囲気にほとりは気づく。

個々

 晴れ渡る空の下は、とても静かだった。

 大樹王がいなくなり、それを望んでいたはずの森から、歓喜の声は上がらなかった。

 吹いた風に揺らされてかすれ鳴る葉音が、痛く悲しんでいるように聞こえた。

「空は晴れたけど、本当にこれで良かったの?」

 ほとりは、誰に聞いたわけでもなく、声を出した。

「ジュモクハ、ココニ、イキヨウトシタ」

 ひときわ大きいゴーレムが言った。

 森を統制する上のものが邪魔だったこと。若い樹木たちは、周囲を気にすることなく、自由に枝を伸ばし、根を広げて、種子を飛ばして、遠くへ行こうと考えていた。

 それが一年二年で、達成できるとは思ってはいなかった。しかし、何年も何十年も、上が倒れて樹冠に穴が空くまで、影で待っているのがじれったくなった。

 しかし、それを乱せば、そう長くは生きていけない。木一本の根で、どこまで地を固められるか、貧素な栄養の土地で栄養をまかなえるのか、吹きさらしの中で突然の自然災害に耐えられるのか。

 不本意な形ではあったが、大樹王は自らを燃やし、島中に煙を通してそれを伝えていた。

 ほとりは、その話を聞いて、一つ考えを改めることがあった。

 ナイアの祈りとは、ベレノスの光を、地上に届けて大地を焼き払うことではない。地底に落とされても、ナイアは地上のことを思い、ベレノスの光を良い形で使うことで、地上をよりよい環境にしてほしいという祈りだと、ほとりには思えた。

 大樹王がインボルクの浄火で燃え尽きたのではない。森の誤った意志を浄化したのだと。

 ほとりは、広い世界で、息苦しさを感じた。

開かれる道

 コルコポが、いっせいに同じ方を指差した。波打つように、呼応して、同じ方向に揺れるコルコポ。

 何を意図しているのか、ほとりにはわからなかった。

「あっ、ゲートか。ほとり、大樹王が許してくれたようだ」

 コルコポの指差す方向を一点に見つめたシリカが言った。

「それじゃ、セリカ・ガルテンに」

 シリカは大きく頷いて、ベレノスの光を持ち上げ、羽を広げた。

「勝手に使って悪かった」

 ほとりは、曖昧に頷いて、ベレノスの光を受け取った。実際、自分のものではないし、今さらどうこう言うつもりもなかった。

 シリカがほとりを抱えて飛ぼうと背後に回った時だった。

「オマエ、リョーヤ、ニテイル」

 ゴーレムがほとりに向かって言った。

「えっ?」

 ほとりは、首をかしげた。

 ほとりが川の水を操った光景は、リョーヤが描く絵を見ているようだったと言う。自然と戯れる人をよく描いていたようだった。

 ほとりは、姿を消したリョーヤに会ってみたいと思った。

「その絵を見ることができますか?」

 ほとりが聞いた。

「ノコッテイナイ。リョーヤガ、ドコニイッタノカ、ダレモシラナイ」

「ほとり、ずっと昔の話だ。今は、セリカ・ガルテンに帰るのが先だろ」

 シリカに促されて、ほとりはシリカに抱えられて飛んだ。クォーツはシリカのあとを追ってくる。

 ゲートへの道筋を示すように二列に並んだコルコポの間を進む。

 到着したところは、森の斜面だった。

 そこには、大きな岩が埋め込まれていた。 他に岩がたくさんあるわけではなく、それだけが不自然に存在していた。

 表面には苔が生え、草木の蔓が鎖のようにその大岩を取り巻いていた。まるで、その岩が動かないように固定しているかのよう。

 すると、蔓に引っ張られて岩が横へ動いた。崩れる斜面の奥に、ぽっかりと口を空けた洞窟が現れた。

 奥へ進むと、七色に光るゲートがあった。

「それじゃぁな」

「シリカさんは、来ないんですか」

 ほとりは言いながら、わかりきったことを聞いてしまっている自覚があった。

「あぁ、私の理想水郷はニタイモシリだからな。ま、もし、ほとりが自分の理想水郷を作ることになって、森を作りたいって言うなら、その時は手伝ってやるよ」

 シリカは仮面を外して、笑顔を見せた。

「はい、その時はぜひ、お願いします。森は絶対欲しいと思ってます」

「ここは開けておくようにしておく」

「お願いします。クォーツ、行こう」

 クォーツもシリカに礼を言って、二人はゲートを潜った。

つながれた場所

 光のカーテンを出ると、同じような洞窟の中に出た。シリカがいないだけで、ゲートを潜ったのかさえ疑いたくなった。

 少し先に、円の上半分の形をした光が見えた。

 出口だろうと、二人とそこに向かって歩き出した。

 近づくほどにその形が不自然に見えた。外への出口なら、もと縦に長いはずだと思うほとり。

 出口に到着すると、出口の下半分が板で塞がれていたのだ。乗り越えるには高く、ほとりは、思い切って板を蹴り飛ばした。

 もろくなった板は、あっけなく壊れて、いとも簡単に洞窟の外に出ることができた。

 そこは山の中だった。

 ニタイモシリに比べたら、まだ空気は軽い。懐かしさすら感じているほとりには、見覚えのあった場所だった。

 ――セリカ・ガルテンの寮の裏山だ。

 ほとりがセリカ・ガルテンに初めて来た日、部屋から裏山の洞窟を発見し、見に行った場所だった。

「ここは、ニタイモシリとをつなぐゲートだったんだ」

 セリカ・ガルテンからニタイモシリに行けない理由は、確かに向こう側から閉ざされてしまっていた。

 ほとりは、その理由を知れてスッキリもした。

「ほとり?」

「大丈夫。ここがセリカ・ガルテン。私が生活していた場所。やっと、戻って来れた。
 あ、ようこそ、セリカ・ガルテンへ」

 ほとりは、安堵ともに笑顔になった。

 しかし、裏山がとても静かに感じた。寮の裏山ということもあったが、異様な静けさだった。

 日はまだあった。セリカ・ガルテンの生徒たちが活動で、寮にいないとしても、その気配すら感じられない。

 ほとりは、この島に誰もいないのではないかと、直感した。

 

第5章 怪奇な森の島の従属蝶 終わり

第6章 理想水郷の蝶罪人

6-1.蝶人ふたたび

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第6章 理想水郷の蝶罪人 1.蝶人ふたたび

更新のお知らせを受けとる

SNSをフォローしていただくと、小説の更新情報を受けとることができます。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

小説家・ブロガー・Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/2018年末までの5年半、毎日1つ一文で完結する一文物語を作り続けていました。現在、ファンタジー小説を当サイトで連載中!想像力が人生を豊かにするがモットー。

Web小説連載中!

「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
異世界に迷い込み、妖精の力を宿した少女のほとり。新しい理想水郷の島作りを目指し、様々な理想水郷を冒険をしていく長編ファンタジー小説!

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。