8.突然のルームメイト

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第1章セリカ・ガルテン 8.突然のルームメイト

ほとりの部屋に突然入ってきたのは、友達の友理にそっくりだった。

彼女からこの世界のことを少しずつ聞き、羽の出し方を教えてもらうことになったのだが……。

ユーリ

「おっ、熱烈に歓迎してくれるのはありがたいが、少し落ち着きなよ」

 ほとりに力強く抱きつかれた彼女は、廊下に人気が集まってくるのを感じ、慌ててまだ自由のきく足で、ドアを蹴って閉めた。

 ほとりは、両手から荷物のその場にドサッと置いた彼女に、一度抱きしめられた。

「友理とここで出会えてよかった。ずっと不安で不安で……」

 すっと体をはなした彼女に、ほとりは泣き崩れた顔をのぞき込まれた。

「その不安をさらにあおるようで悪いんだけど、私、あなたの言う友理ではないよ」

「えっ?」

 ほとりは、時が止まったように彼女を涙目で見つめた。

 セリカ・ガルテンの制服を着ているが、顔は友理にそっくりだった。髪の毛は、友理よりもさらさらした印象で、背中に届くほど長い。

「でも、友理にしか――」

「私は、ユーリ。ここに来て、ここの満月を十三回見てる」

 その口調は、友理のものとは違っていた。友理の方が、もう少し落ち着いていたようにほとりは思えた。

「ユーリさん」

「そう、ユーリ。急に私の名前を呼ぶもんだから、ビックリしたけどさ」

「でも、どうしてここに」

「あぁ、部屋を出てきたの。元のルームメイトが四六時中、アロマだかお香だかを焚くもんだからさ。

 最初は、良かったもののだんだんきつい香りになって、やめてって言ってもやめてくれなくて、出てきた」

 ユーリは、入り口に置いた荷物を部屋の奥に持っていき、二つあるうちの一つのベッドに腰かけた。

ルームメイト

「まだルームメイトいないなら、今日から私とルームメイト」

 突然、部屋に侵入してきたユーリだったが、ほとりは彼女の口ぶりは嫌じゃなかった。

「う、うん」

 友理とただ顔が似ているというだけだったが、ユーリがどこか安心できる存在に感じられた。

「あなたの名前は?」

 ユーリが軽い口調で聞いてくる。友理とは違って、とても明るくさっぱりした性格のように思えた。

「あ、私は、浅葱あさぎほとり」

「ほとり、かぁ。かわいい名前ね。いくつ?」

「十四」

「私は十五。でも、気兼ねなくユーリって呼んでね。みんなそうだから」

「う、うん」

 たった一年の差で、ユーリから醸し出される大人っぽさに、ほとりは愕然とする。一年後、自分がそうなっているとは決して言いがたかった。

「でも、ほとりは予言の子なんでしょ?」

「そ、そうみたいなんですけど、私もよくわからなくて。でも、どうして」

 ほとりは少し戸惑いながら答えた。

「さっき、ほとりが実験池に落ちてきたのを見たから。私もその場にいてさ」

 確かに数人あの場にいることはわかっていたが、そこに誰がいたかまでは覚えていなかった。ほとりがじっと見つめても、気にする素振りもなく、ユーリは続ける。

「まさか今日、やってくるとは思ってなかったよ。でも、私の目の前に落ちてきて、この子の部屋に行った方がいいって、私の直感が働いた」

「直感?」

 ほとりからユーリを見ても、顔立ち、姿、声も含めて、いわゆる美人の部類に入るものだった。

 その彼女が、見た目からは想像つかないほど、気さくで楽天的なところを普通に持ち合わせていて意外に思えた。

あいまいな時間

「そう、直感。私は、ここで一度、蝶人てふとになる子たちがいっせいにやってきたのを見た。

 でも、ほとりだけよ。ここに時期はずれで、やってきた人は」

「時期はずれ?」

 ほとりが聞き返すと、軽く頷いたユーリ。

「新しい蝶人がセリカ・ガルテンにやってくる日がある。

 ここでの一年の基準をその日にしているんだけど、ほとりは、その日と関係なくやってきたの」

「どのくらいずれているんですか?」

月くらいかな。一部では、はぐれたんだとか言って、はぐれ蝶って言っている人もいるけど、気にしないことよ。

 会長さんは、予言の子で統一しようとしてるみたいだけど」

「三月……」

 ほとりはつぶやいて、なんとなく部屋を見回した。

「ここには、ないよ。カレンダーとか時計が」

 ユーリに言われて、もう一度よく部屋を見回した。言われたとおり、時間を測るものはなかった。

「月を基準にして唯一月日を測ってるけど、元の世界ほど正確ではないし、本当の時間は体感まかせよ、ここは。

 元の世界でもあったでしょ。一日が長く感じる日もあれば、短い時もあったり。そんな感じ。

 だから、あいまいなこの世界では、直感が問われてくるから。たぶん、まだわからないとは思うけど、いずれわかるから」

 ほとりは、なんとなく頷いておいた。

スカーフの色

「へー、もうほとりは、清水級きよみずきゅうなんだ。予言の子だけあるってことか」

 立ちっぱなしのほとりは、ユーリに制服姿を見つめられて言われた。

「清水……級?」

「スカーフの色」

 胸元を見てみると、制服を着た時は緑色だったスカーフの色がいつのまにか水色に変わっていた。

「どうして色が。さっきは……」

 ほとりは、ユーリのスカーフを見た。

 白色で、制服の白とはまた違った発色の白だった。

「私は、順風級。級によって、スカーフの色が変わる。

 生徒会に所属すると、水色、清水級と呼ばれて、普通の生徒とは別格になるみたい。

 私は、あまり区別とかしないけどね。そういえば」

 ユーリは、そういって立ち上がった。

「ほとりの羽、もう一度見せてよ。一瞬だったけど、キラキラしてきれいに見えたんだよね」

「私、羽の出し方がわからなくて。空から落ちてる間はあったんだけど、いつの間にかなくなっちゃってて」

「それじゃぁ、出し方を教えてあげるよ」

 と、ユーリが目の前までやってくる。近くで見ても、友理そっくりだった。

 ユーリは、ほとりにすっと手を伸ばす。

 その時、突然、鐘の音が一つ二つ鳴った。

「順風級のユーリ。至急、生徒会室まで来るように」

 副会長のツバメが、もう一度同じことを言って、ぷつりとスピーカーから放送が切れた。

「なんて情報が回るのが早い。あいつが、チクったな。私だって、言いたいことがたくさんあるわよっ」

 ユーリは、ひとつため息をして、止めた手を下げた。そして、部屋の出入り口に向かっていく。

「羽の出し方は、またあとで教えてあげる。ちょっと行ってくる。

 あの人、いちいち人に厳しいから」

 長くてきれいな髪をなびかせてユーリは、部屋を出て行った。

 部屋は、いっきに静かになった。

 ほとりは、一瞬で過ぎ去った時間に置いて行かれたかのように、しばらく呆然とその場に立ち尽くしていた。

 ユーリはいったいどうやって羽を出させようとしていたのか、ほとりは気になった。

 ふと、窓の外を見ると、風に揺れる木々に覆われた裏山に、洞窟の入り口があるのに気づいた。

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。