2-8.脱出の一人劇 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

2019 10/06
2-8.脱出の一人劇 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]
前書き

ただただ水を瓶に入れる作業がほとりの思考を奪っていく。

ほとりは不安を抱きながら寝る時間に脱出方法を思いつく。飛べない羽を持つほとりは、翌日の作業中にひと芝居うつ。

目次

水があること

 休憩時間を告げられると、また空き瓶に水を入れるだけの単純作業が始まった。

 汚れた川、濁った水、異臭が頭に蘇るも、それは想像だったかのように、たちまち思い出せなくなる。

 当たり前のように蛇口をひねると、水が出てくる。出てこないことなど、想像できず、安心感が薄れていく。

 ――あんな町で水に飢えるより、ここにいた方が……。

 ほとりは、いやいやと首を振った。

 作業に慣れると、次々と空き瓶の入ったケースが運ばれてきて、ほとりは無心で作業していたことに気づいた。

 わずかな食事の量と時間を与えられ、寝ることも、列ごと順番に行われた。そして、どの部屋も窓がなく、外の時間がまったくわからなかった。

 大部屋で雑魚寝を強いられていて、誰も文句を言わず、薄明かりが消えると、意識も消されたように寝息に包まれる。

脱出案

 疲れていたほとりだったが、この生活が一生続くことを考えると、不安で押しつぶされそうになり、眠れなかった。

 しかし、そこに唯一の自分がいた。

 ――こんなウトピアクアは、嫌だ。

 いつか、この島も理想水郷の名にふさわしいものにしたいと、強く思ったほとりは、まずここから逃げ出そうと考え始めた。

 各出入り口には監守が立ち、作業中も巡回に来る。隙を見つけて逃げるのは難しかった。

 たとえ、上手く施設から外に出られたとしても周囲は森。トラックが通ってきた道を使っても、見つかれば捕まってしまう。

 川があるとはいえ、汚染された水では飲むことができず、歩き続けることもできない。

 蝶の羽があるのに、飛べないことを悔やむほとりだったが、そこで唯一安全にここを出る方法が思い浮かんだ。

 ただ、出た後のことを考えると、さらに不安が募るばかり。

 しかし、ついに不安が睡魔に負け、ほとりは眠ってしまった。

決行へ

 監守に起こされたほとりの頭は、重かった。

 寝ている際も、飛ぶ練習をし、何度も崖から落ちる夢を見ていた。

 ちょっとの食事を終えた後、また水を瓶に入れる作業が始まった。

 ほとりの呼吸は、早かった。思いついた脱出案をいつ実行するか、周囲を見渡しながら、作業を進める。

 作業場には、昨日にはないただならぬ緊張感があった。

 監守の数が、なぜか、昨日に比べると多く、作業員一人一人を鋭い目つきで、確認しているようだった。

 あからさまに、ほとりもじろじろと見られていた。

「そっちはどうだ?」

 監守同士が声をかけ合っていた。

「わかるわけないだろ。急に見つけ出せって言われても、名簿すら作ってるわけじゃないから」

「そうだな。ここにぶち込んだら、もう外に出すことないからな。とにかく、特徴のあるやつを見つけ出せ」

 監守は、焦り気味にまた見回り始めた。

 ほとりの手は、水に濡れているのに、瓶を持つ手が汗ばんでいるように感じられた。

 監守が多かろうが、周囲の視線が気になろうが、脱出案の方法には変更なかったが、ほとりは、ケースに伸ばす手をなかなか止めることはできなかった。

フリークになる

 十一個目のケースに手をつけなかったほとりは、震える右手をゆっくり首の裏筋へ回す。

 濡れた指先が肌に触れる。

 いつも以上に背中を伝う刺激が冷たかった。

 まるで全身に鳥肌を立たつかのように、ほとりの体が震えた。

 同時に、ほとりの背中に、透き通った水の羽が生えた。

「いやーーー」

 ほとりは、叫び声を上げ、ふらふらっと通路によろめき出る。

 空の瓶ケースにぶつかると、ケースがひっくり返り、空の瓶が床に勢いよく転がっていく。

 いっせいに周囲の作業員の視線がほとりに向いた。

 ほとりの羽を見た作業員たちは、目を丸くして、その場から逃げていく。

「おい、どうした? 持ち場につけ」

「いたぞ! フリークだ」

 近くの監守が異変に近づき、いっせいに駆けつけてきた。

「本当にフリークが紛れ込んでいたのか」

「ど、どうしたら? 触れて大丈夫でしょうか……」

 ほとりが戸惑う監守たちに助けを求めるように手を伸ばすと、ほとりを取り囲んでいた監守たちは、息を飲み、一歩足を引いた。

 ほとりは、一歩二歩と進んでから、膝から折れるように倒れた。

 そして、ほとりを覆いながら、ほとりの羽が消えた。

「おい、大丈夫か?」

工場を出る

 倒れて見せたほとりは、監守がなかなか触れてこなかったため、意識を取り戻したようにゆっくり起き上がった。

 騒然とする中、監守に縛られて、作業場から連れ出された。

 フリークにはフリークの場所がある、とだけ言われて、工場の外に用意されたトラックの荷台に、着の身着のまま乗せられた。

 すぐにトラックは動き出した。荷台を覆う布の隙間から、外を見ると、日が沈みかけていた。

 町に比べると薄雲で、森が広がっていた。しかし、水汚しの施設を過ぎてから、川は濁り、木は枯れ、荒れ果てた景色に変わった。

 少しずつ、鼻をつく臭いが強まり、慌てて顔を引っ込め、荷台の奥で縮こまった。

 しばらく車に揺られたあと、トラックが止まった。

 降りるよう指示されて、荷台から出ると、そこは、サーカスのテント小屋裏だった。

 先日の夜に見たままのトレーラーハウスや檻がそこにあった。

 テント小屋の裏口から中へ案内されると、薄い壁越しに音楽と歓声、拍手が聞こえてくる。

 細い通路を進んで、荷物がただ置かれた小さな部屋に通されると、何も言わずにドアが閉められた。

 ほとりは、閉じ込められたと思ったが、ドアに鍵はなく、出ようと思えば出られることがわかった。

 部屋は物置で、窓はない。

 ドアに近づくと、すぐ外で話し声が聞こえる。

「それでは、あとよろしくお願いします」

 案内係の足音が遠ざかっていくのを聞いていると、ドアがゆっくり開いた。

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第2章 バックウェーブ・サーカス団の蝶々 9.理想のかたち

2-9.理想のかたち

更新のお知らせを受けとる

SNSをフォローしていただくと、小説の更新情報を受けとることができます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
目次