3-4.黒のスカーフ [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第3章 ピラミッド島の腐死蝶 4.黒のスカーフ

瓶に水を入れ終わった帰り道、ほとりは、壁の火の原理を聞いた。マノンは、ピラミッドの水機構を利用して、汚染水から油を抽出したものだった。

そして、ほとりは、ミズホに黒のスカーフの意味を聞く。それは、重罪を犯した者の証だと知る。

壁の火

 ほとりは、水の入った瓶を数えた。六本。そして、今マノンが水を入れているもので、八本。上手く抱えられるだろうか。

「そこに箱があるから、それに入れて持っていけばいい」

 水を入れ終わった瓶を持ったマノンが言った。

「あ、助かります」

 ほとりは、床に置いてあった木箱に、瓶を丁寧に並べて入れていった。

 抱えられるだけ持てと言ったマノンは発言は、いわゆるジョークだったのだろうか。無表情で、抑揚なく言うのはやめて欲しかった。まったく通じない。

 瓶の箱を抱えると、まだ余裕だった。しかし、瓶だけを運ぶのと、瓶とほとりを抱えて飛ぶとではわけが違う。

 マノンもそれをわかっていたのか、それ以上水を入れず、来た道を戻る。

 ほとりは、通路を照らす火を見た。やはり、壁から直接出ている。

「どうして壁から火が出てるんですか? ガス?」

 ほとりが聞く。

「水」

「水?」

 ――今度こそ、からかわれている?

「いや、水と言うより油」

 少し間が空いて、マノンが言い直した。

「油……油田とかあるんですか?」

「油田はないと思う。汚染水を濾過して、油だけを取り出し、それを燃料にして火にしている」

「汚染水って……でも、壁から直接出てますけど……」

 マノンがわかりきっていることのように淡々と言ったが、ほとりには理解できず、反射的に聞き返す。

「汚染水をピラミッドの水機構に流すことで、濾過されている。これには、水が必要。

 濾過されて抽出された油は、やはり水機構で、ピラミッド全体に行き渡るようになっている。

 水機構のことは、私もそれ以上のことはよく知らない」

 このピラミッドは、普通のピラミッドでないことはわかった。壁の中もしくは積み上げられた岩が特殊なのだろう。

 しかし、このウトピアクアがかなり発展していたのだと、ほとりは思えた。

「その汚染水というのは?」

 ほとりは、つい疑問を質問してしまった。

 マノンが一瞬立ち止まって、来た道ではない別の通路を歩き始めてしまった。

「あ、あの」

「汚染水、知りたいんでしょ」

 ほとりは、マノンのあとを追う。箱の中で、瓶がぶつかり合う音が響く。

閉ざされた通路

 水を入れに行く通路より、明かりと明かりの間隔が広く、薄暗かった。

 何度か分かれ道を折れると、もう帰り道はわからなくなって不安になった。

 しばらく進んで、先が真っ暗な場所でマノンが止まった。

 単に明かりが灯っていないわけではなかった。天井が落ち、岩と砂におおわれて進むことができなかった。

「ここは?」

 ほとりが聞いた。

「汚染水の処理施設へつながる地下通路」

 ――やっぱり、ここはもう地下だったんだ。

「どうして崩れちゃったんですか?」

 ほとりはまた質問した。

「さっき話した汚染水が漏れ出し、それを止めるために行った計画が失敗した影響で、通路が崩れてしまった。

 ピラミッド内に引き込むパイプも壊れ、汚染水を引き込むことができず、ミズホさんが定期的に取りに行っている」

「それじゃ、あのバケツは、汚染水の……ということは、まだ汚染水は出続けているんですか」

「えぇ。次の仕事があるので、戻ります」

 マノンは、質問を聞くつもりもないかのように、来た道に体を向け、さっさと戻っていってしまった。

 ほとりは、置いて行かれても困るので、慌ててあとを追った。

 汚染水のことを教えてもらえると思ったが、わざわざ通れない道を見せられただけだった。

 ――箱を長く持たせるために?

ミズホの黒いスカーフ

 ほとりは、マノンに抱えられてピラミッドの最上部に戻ってきた。

 マノンは休むことなく、汚れていないバケツを持って天井から出て行った。

 定期的にオアシスの水をくみに行く。

 またほとりは手伝いを買って出ようとしたが、思いとどまった。結局、マノンに負担を強いることになるからだ。

「手伝ってくれてありがとう。それを一本、飲むといい」

 起き上がったミズホがマノンを見送って、ほとりに言った。

 肩から下げた水筒の水がまだ残っていたが、ほとりは冷えている瓶を手にした。

「ありがとうございます。いただきます」

 口から喉を通過した水が、体内の熱を吸収し、体全体に水が広がって行くかのようだった。味という味はなかったが、とても澄んでおいしく感じられた。

 ほとりは目を閉じて、しばし体にしみていく感覚に浸った。

「少し休んだら、マノンに送らせよう」

 ミズホが言った。

「いえ、私は自分で帰り――」

 ――帰っていいの?

「昼間はデフトの活動が少ないとはいえ、飛べないほとりは危険だ。飛んでいても襲ってくるけどね」

「あの、なんでこんな危険なところに住み続けているんですか? たった二人で」

 ほとりは、切り出すように言った。

 ミズホは、首に巻かれた黒いスカーフをゆっくりとつかんで、微笑んだ。

「私は罰を受けているんだ、ここで」

「罰? 黒のスカーフを初めて見ました。というより、黒色があると教えてもらってなくて」

「そうそう目にすることもないよ。私だって見たのは、自分のが初めてだよ。

 黒のスカーフになったら、色が変わることはおろか、二度と外せない。

 重罪を犯した者の証なんだ、黒は」

「重罪って、ミズホさんが……」

 ミズホへの疑問か、ほとり自身が納得するためか、あいまいに答えたほとり。しかし、胸の内では、何をしたのか聞きたかった。

「この島を今のようにしたのは、私だから。その代償さ」

 ほとりは固まった。マノンから聞いた汚染を止めるために行った計画の失敗。

 ――ミズホさんが。

更新のお知らせを受けとる

SNSやメールアドレスをご登録していただくと、小説の更新情報を受けとることができます。

Web小説連載中!

「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
異世界に迷い込み、妖精の力を宿した少女のほとり。新しい理想水郷の島作りを目指し、様々な理想水郷を冒険をしていく長編ファンタジー小説!

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。