5-4.森での生き方 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第5章 怪奇な森の従属蝶 4.森での生き方

ほとりとシリカは、クォーツを小屋に残して、出発した。

しかし、移動中、蔓に襲われる。敵を排除しようと周りの木々が連携する。

森を抜けると、積み上げられた岩で川が曲がり、森は削られていた。

濃い森

 ほとりとシリカは、クォーツを小屋に残して、出発した。

 コルコポにクォーツの面倒を見させるのは少々不安だったが、自分一人で大樹王に行くには、やはり時間がかかりすぎる。

 ほとりを抱えたシリカは、大きな木々を避けるように、森の見えない航路を進む。

 もし、シリカが一緒に行かなくても、ほとりは一人で行くつもりではあった。

 歩くよりも断然早く森の中を移動していた。しかし、シリカは、いっこうに木の上に出ようとしなかった。

「木の上に出ないんですか?」

 ほとりが聞いた。障害物をいちいち避けるよりその方が楽なはずだと思ったからだ。

 すぐに返事はなかった。人一人抱えて飛び、木を避けなければならないシリカにとって、相当集中力が必要だった。

「ん、それは許されない。木への光を遮ってはならない」

「でも、一本の木に対して、一瞬じゃぁ……」

「その一瞬でも。ここは、森が絶対。刃向かえば、ここを簡単に追い出される。森の上は、雲と雨と風と光だけし許されない。私は自然に従う」

 シリカが言い終えると、ほとりは、鼻をかすかに突く匂いを感じた。次第にそれは濃くなっていく。

「警報ガスか」

 シリカが進もうとしている進路に、バサッと、数々の蔓が伸び落ちて来た。

 シリカはそれを予見していたようで、蔓のない方向に進路を変える。

 しかし、その先で、またすぐ新しい蔓が襲ってくる。

「ど、どうして」

「ここは、私が居ていい場所ではない。侵入者を追い出そうとしている」

「また説得すれば」

 葉がガサガサとざわめき、蔓が伸びてくる。

「森が濃くなってる。いちいち説得してられない。遠回りするしかない」

 突然、右へ大きく曲がり、ほとりの体が外へ振られた。

静かな森

 シリカが、少し休憩と言って、またげるくらいの幅の水が流れる場所に降りた。

 仮面をとったシリカの額から汗が流れ落ちた。シリカは、膝をつき、ちろちろと流れる水を見下ろして目をつむる。

 ほんのわずか、体を制止させ、祈りを捧げているようだった。そして、やさしく水をすくい上げ顔を洗った。

 ほとりは、思いっきり息を吸った。緑の香りが心地よかった。

「さっきの匂い、私たちを追い払うための匂いだったんですね」

「人にとっては、きつい匂いだからな。でも、あれは一帯の木々に警報を知らせるガスだ。

 それを感知した木は、さらにガスを発生させ、敵を追い払うために、蔓を伸ばしてくる」

「木がそんなことを?」

「木の防衛策。木は、何も言っていないようで、メッセージを発している。人間が、それに気づいていないだけだ」

「そうだったんですね。でも、ここはとても静かなところ」

 辺りを見回すと、木と木の間の間隔が空いていて、ところどころ、空から陽の柱が降りていて、適度な開放感があった。

「ところで、なんで仮面を?」

 ほとりが聞いた。

 シリカは仮面をつけて、ほとりを見る。

「なめられたくないから」

 ほとりは、誰に、と心の内でつぶやいた。しかし、仮面をつけ、羽を広げて飛ぶ姿は、まるで森の精だった。森と一体化する意志の表れのようにも感じた。

 シリカは、地面を見ながら辺りを歩く。そして、落ちていた細い蔓を拾った。

「ほとり、その服のひらひらをこれで止めて。飛んでいる時、バランスが取りにくい」

「あ、うん」

 天女のように広がる羽織を広がらないように、蔓で自分の体に巻き付けた。

 そして、またほとりはシリカに抱えられ、飛んだ。

生かされる木

 ポツポツと雨が降ってきた。

 頭上では、雨が葉にぶつかる音がしていた。木が傘のかわりになっているのが、十分に感じられた。

 それでも雨粒は落ちてきて、ほとりの顔にぶつかりる。

 シリカが仮面をつけている意味もわかった。

 それから二度ほど休憩を入れてた。雨は止まない。それどころか強くなっていた。

 服は濡れるも、体の中をすり抜けていくかのように、地面に落ちていく。しかし、降り続ける雨で、服が乾くことはなかった。

 森の先が明るくなっていくのと同時に、ゴーという音が次第に大きくなっていく。

 日が出ているわけではなく、暗い森が終わろうとしていた。

 森を抜けると、勢いよく流れる大きな川が現れた。茶色く濁って、ガラガラと石が流されているのも見てとれた。

 雨の音なのか、川の音なのかわからない。

 向こう岸は、高く大きな岩が積み上げられ、川が大きく曲がっていた。自然にできたカーブではない。明らかに誰かの手によって作られている。

 森の地面は崩れて土が向きだしで、あきらかに削られてしまっている。

「なんであそこだけ……」

 ほとりの視界に、不自然なものが光景が入ってきた。川に浸食されていく森の際に、三本の枯れかかっている木が立っていたのだ。

 土が崩れれば、川にながされてしまう位置にあるもに関わらず、それは平然と立っていた。

「ある種、森の壁」

「壁?」

「あの木が、川の浸食から森を守っている。根が土をしっかりつかまえているから。

 背後の森の木々たちが、根を介して、あの三本を生かすために栄養を送り、これ以上、川に攻められないようにしている」

 雨の音にかき消されないように、ほとりは必死に聞いた。

 ――木が、他の木を守る。そんなことって。

 その時、川向こうで、積み上げられた岩の上から、大きな岩が一つ転がり落ちた。

 しぶきを上げ、川に大きなゆがみを作る。押し出される水の流れ。

 岩を崩し落としたところから、茶色くゴツゴツとしたいびつな人型ロボットのようなゴーレムがこちらを見ていた。

-つづく-

更新のお知らせを受けとる

SNSをフォローしていただくと、小説の更新情報を受けとることができます。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

小説家・ブロガー・Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/2018年末までの5年半、毎日1つ一文で完結する一文物語を作り続けていました。現在、ファンタジー小説を当サイトで連載中!想像力が人生を豊かにするがモットー。

Web小説連載中!

「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
異世界に迷い込み、妖精の力を宿した少女のほとり。新しい理想水郷の島作りを目指し、様々な理想水郷を冒険をしていく長編ファンタジー小説!

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。