5-7.決壊 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第5章 怪奇な森の従属蝶 7.決壊

シリカは、住んでいた山を追い出した人々を呪い笑っていた過去の話をする。

ほとりたちのいる中洲に、川の水が流れ込んできて、ゴーレムとともにほとりは流されてしまう。

シリカの過去

 シリカは、額に手を当ててゆっくり息を吐いた。

「シリカさん、大丈夫ですか?」

 ほとりは、突然、表情を曇らせ、恐怖すら感じているようなシリカが心配になった。ずっと強い意志を貫いていたシリカだったが、今は嘘のような姿だった。

「昔の記憶が蘇ってきただけだ」

 ほとりは、それが、楽しい記憶ではないことだけは確信できた。

「オマエモ、オナジコトヲ、サレタノカ」

 シリカは、額から手を外して、一度深呼吸をした。

「私は、雨の中で、笑っていた」

 シリカは、一点を見つめて、苦笑いした。

 ほとりは、不自然に上がった口角に不気味さを感じた。

 シリカは、セリカ・ガルテンにやってくるまでのことを、過去の糸をたぐるように丁寧に話した。

 シリカは、両親と山深い場所に住んでいた。

 ものごころついた時から、山の中で生活していたから、そこが不便だとは思わなかった。自然に囲まれ、自然とともに、自然の流れの中で生きてきていた。

 ある日のこと、シリカの家が建つ山が、大きな会社に山ごと買われてしまった。両親は反対したが、代わりの土地と住処が町の中に与えられ、最後はそれに従うしかなかった。

 近代化する町にシリカは、なかなか慣れることはなかった。ずっと、今まで通りの山の中での暮らしを望んでいた。

 一年もしないうちに、元のシリカの家の一帯は、切り崩されて、富裕層向けの大きな家々が建ち並ぶ住宅地に変わってしまった。

 シリカは、そこに住む人たちを毎日のように、消えてしまえ、と呪っていた。

 長くやまない雨が続き、大雨となった時があった。

 夜、住宅ごと山が崩れ、避難指示が出ることもなかったこともあり、多くの死者を出した。山の裾の町も大きな被害を受けた。

 シリカの家は、隣町だったので、被害はなかった。

 被害の話を聞いたシリカは、現場を見に行った。まるで、山から茶色い龍が駆け降りたような跡を目の当たりにした。山の神の罰が下り、いい気味だと笑っていた。

 シリカは、自分たちを山から追い出し、山の意向を聞くこともせず、山を崩し、認められていない人がその土地に住み始めた罰だと思っていた。

 実際、山を削って人が住むようになった場所は多くあった。

 今度、シリカは、山が崩れるその瞬間を見てみたいと、大雨の日に出かけた。

 その土砂災害以後、避難指示が出される地域があったので、それを頼りにシリカは斜面の住宅を見に行った。

 雨が激しくなり、滝の中にいるかのように傘は壊れそうになり、轟音の中、立っているのもやっとだった。住宅の見える林の中に入ったシリカ。

 しかし、シリカの足下の地面が滑るように崩れ、襲い狂う土と倒れてくる太い木々を目にしたのが、それが元の世界での最後の記憶だった。

 気がついたら、セリカ・ガルテンの浜辺にいたと言う。

 聞き終えたほとりは、シリカがこの島に一人で居続ける理由がわかったような気がした。

「地形に手を加えてはならない。自然にまかせておいた方がいい。

 手を加えれば、必ずどこかが破綻して、地形が壊れていく。自然をコントロールすることなんてできないんだ」

「ダイジュオウノ、シジ」

 ゴーレムはこの島で、自然に従う者だと言いたげだった。

 このまま雨が降り続ければ、川の氾濫、森さえも被害を受けかねない。

「やっぱり、なんとかして雨を止めたほうがいいのかな。森を説得して……」

 シリカは、ため息をするように深く息を吐き、どうしたらいいのか悩んでいるようだった。

川の氾濫

 ほとりは、そうは言ったものの、自分が説得できるはずもなかった。

 ここに来るまでのことを考えると、シリカにもそう簡単なことではないこともわかっていた。

 ――本当に雨が止むのを待つしかないのか。

 急に、その場の匂いが変わった。

 ――土の匂い?

 ゲートを潜って、洞窟の匂いの記憶が呼び起こされる。だが、バックウェーブ島の汚水の臭いに比べれば、まだきつさはなかった。

 ほとりより奥にいたシリカも匂いに気づき、急いで立ち上がって、外に出た。

 犬のように匂いを嗅ぎながら、辺りを見回す。

「すごい土の臭いだ。どこかが崩れている証拠だ。川が決壊しているかもしれない。

 ほとり、ここにいたら危ない」

 シリカが仮面をつけ直して、羽を広げた時だった。

 シリカの足下を飲み込むように、茶色い水が流れる来るのが見えた。あっという間に、中にいるほとりの足下も水で溢れ、どんどん水位が高まっていく。

「ほとり、すぐに出てこい――」

 シリカに叫ばれた瞬間、耳元で雷が鳴ったかのように、雨をしのいでいたドーム状の石が、濁流とともに崩れてきた。

 もうダメかと、目をつぶったほとりは、痛みを感じなかった。体が冷たくなっていくのを感じていた。

 これが死への階段だと思った。

「ダイジョウブ、カ」

 ゴーレムの声で目を開けたほとりは、辺りが怒り狂った川になっているのを目の当たりにした。

 川上に立つゴーレムに体をつかまれているほとりは、下半身は水の中だったが、ゴーレムに激流から守られていた。ゴーレムに守もられていなければ、今頃、濁流に流されていたことだろう。

「ほとり――」

 雨を切るように、羽を広げたシリカが上空から向かってきた。

「シリカさん」

 互いに手を伸ばす。

 ゴォーン、という強い衝撃音とともに、ゴーレムとほとりは、濁流の中に沈んだ。

 ゴーレムの背中に流れてきた大岩がぶつかったのだ。

 その衝撃で、ほとりはゴーレムの手から離れ、流されてしまった。

 すぐにほとりの背中から水の羽が生え、羽が球のようにほとりを包み込んだ。濁流は、その球を避けるようにして流れていく。

 バランスを崩したゴーレムも川に沈み、流されてしまった。

 ゴーレムに打ちつける大小の石が、ゴーレムの額の文字を傷つけて消す。

 固いはずのゴーレムの体は、チョコレートが溶けるかのように、いとも簡単に崩れていった。

 水に溶けて、遠ざかり、茶色く濁った水流の中へ消えていく。

 生命が消える瞬間を見せられているようだった。

 ほとりは、もういないゴーレムに伸ばしていた腕を下ろした。

5-8.水を操る蝶人

更新のお知らせを受けとる

SNSをフォローしていただくと、小説の更新情報を受けとることができます。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

小説家・ブロガー・Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/2018年末までの5年半、毎日1つ一文で完結する一文物語を作り続けていました。現在、ファンタジー小説を当サイトで連載中!想像力が人生を豊かにするがモットー。

Web小説連載中!

「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
異世界に迷い込み、妖精の力を宿した少女のほとり。新しい理想水郷の島作りを目指し、様々な理想水郷を冒険をしていく長編ファンタジー小説!

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。